日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

HTTP プロキシサーバを使用するためのコネクタの設定

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

社内ポリシーで、インターネットへのすべての HTTP 通信にプロキシサーバを使用する必要がある場合は、その HTTP プロキシサーバを使用するようにコネクタを設定する必要があります。プロキシサーバは、クラウドまたはネットワークに配置できます。

Cloud Manager では、コネクタでの HTTPS プロキシの使用はサポートされていません。

コネクタでプロキシを有効にします

プロキシサーバ、そのコネクタ、および管理対象の Cloud Volumes ONTAP システム( HA メディエーターを含む)を使用するようにコネクタを設定すると、すべてのでプロキシサーバが使用されます。

この操作により、コネクタが再起動されます。続行する前に、コネクタが操作を実行していないことを確認してください。

手順
  1. "Cloud Manager SaaS インターフェイスにログインします" コネクターインスタンスへのネットワーク接続を持つマシンから。

    コネクタにパブリック IP アドレスがない場合は、 VPN 接続が必要です。そうでない場合は、コネクタと同じネットワークにあるジャンプホストから接続する必要があります。

  2. [* コネクタ * ( Connector * ) ] ドロップダウンをクリックし、特定のコネクターの [ ローカル UI へ移動( * Go to local UI * ) ] をクリックする。

    ヘッダーのコネクターアイコンとローカル UI へ移動アクションを示すスクリーンショット。

    コネクタで実行されている Cloud Manager インターフェイスが新しいブラウザタブに表示されます。

  3. Cloud Manager コンソールの右上にある設定アイコンをクリックし、 * コネクタ設定 * を選択します。

    Cloud Manager コンソールの右上にある設定アイコンを示すスクリーンショット。

  4. [General] で、 [*HTTP Proxy Configuration] をクリックします。

  5. プロキシを設定します。

    1. [ プロキシを有効にする *] をクリックします

    2. 構文を使用してサーバを指定します http://address:port[]

    3. ベーシック認証の場合は、ユーザ名とパスワードを指定します サーバに必要です

    4. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

      注記 Cloud Manager では、 @ 文字を含むパスワードはサポートされていません。

プロキシサーバを指定すると、 AutoSupport メッセージの送信時にプロキシサーバを使用するように、新しい Cloud Volumes ONTAP システムが自動的に設定されます。ユーザが Cloud Volumes ONTAP システムを作成する前にプロキシサーバを指定しなかった場合は、 System Manager を使用して、各システムの AutoSupport オプションでプロキシサーバを手動で設定する必要があります。

API の直接トラフィックを有効にします

プロキシサーバを設定している場合は、プロキシを経由せずに Cloud Manager に API 呼び出しを直接送信できます。このオプションは、 AWS 、 Azure 、または Google Cloud で実行されているコネクタでサポートされます。

手順
  1. Cloud Manager コンソールの右上にある設定アイコンをクリックし、 * コネクタ設定 * を選択します。

    Cloud Manager コンソールの右上にある設定アイコンを示すスクリーンショット。

  2. [General] で、 [ Support Direct API traffic* ] をクリックします。

  3. チェックボックスをクリックしてオプションを有効にし、 * 保存 * をクリックします。