日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データ階層化とバックアップ用のサービスアカウントを作成します

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

Cloud Volumes ONTAP には、 2 つの目的で Google Cloud サービスアカウントが必要です。1 つ目は、を有効にする場合です "データの階層化" Google Cloud でコールドデータを低コストのオブジェクトストレージに階層化すること。2 つ目は、を有効にした場合です ボリュームを低コストのオブジェクトストレージにバックアップできます。

Cloud Volumes ONTAP では、このサービスアカウントを使用して、階層化データ用のバケットとバックアップ用のバケットにアクセスして管理します。

1 つのサービスアカウントを設定して、両方の目的に使用できます。サービスアカウントには * Storage Admin * ロールが必要です。

手順
  1. Google Cloud コンソールで、 "[ サービスアカウント ページに移動します"^]。

  2. プロジェクトを選択します。

  3. [ サービスアカウントの作成 ] をクリックし、必要な情報を入力します。

    1. * サービスアカウントの詳細 * :名前と説明を入力します。

    2. * このサービスアカウントにプロジェクトへのアクセスを許可 * : * ストレージ管理者 * の役割を選択します。

      サービスアカウントの Storage Admin ロールの選択を示す GCP IAM コンソールのスクリーンショット。

    3. * このサービスアカウントへのアクセス権をユーザーに付与 *: Connector サービスアカウントを A_Service アカウント User_ としてこの新しいサービスアカウントに追加します。

      この手順はデータ階層化にのみ必要です。Cloud Backup Service では必要ありません。

    作成中にユーザーにサービスアカウントへのアクセス権を付与する Google Cloud コンソールのスクリーンショット。

サービスアカウントは、 Cloud Volumes ONTAP 作業環境の作成後に選択する必要があります。

"Cloud Volumes ONTAP のサービスアカウントを有効にできる [ 詳細とクレデンシャル ページのスクリーンショット。"]