日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

グローバルファイルキャッシュエッジインスタンスを展開します

寄稿者 netapp-tonacki このページの PDF をダウンロード

環境がすべての要件を満たしていることを確認したら、各リモートオフィスにグローバルファイルキャッシュエッジソフトウェアをインストールします。

作業を開始する前に

グローバルファイルキャッシュエッジの設定作業を完了するには、次の情報が必要です。

  • 各グローバルファイルキャッシュインスタンスの静的 IP アドレス

  • サブネットマスク

  • ゲートウェイの IP アドレス

  • 各グローバルファイルに割り当てる FQDN キャッシュサーバ

  • DNS サフィックス(オプション)

  • の管理ユーザのユーザ名とパスワード ドメイン

  • 関連付けられたコアサーバの FQDN または IP アドレス

  • インテリジェントファイルキャッシュとして使用するボリューム。アクティブデータセットの 2 倍以上のサイズを設定することを推奨します。これは NTFS 形式でフォーマットされ、「 D : \ 」として割り当てられている必要があります。

よく使用される TCP ポート

グローバルファイルキャッシュサービスで使用される TCP ポートがいくつかあります。デバイスはこれらのポート上で通信可能であり、 WAN 最適化デバイスまたはファイアウォール制限ポリシーから除外される必要があります。

  • グローバルファイルキャッシュライセンス TCP ポート: 443

  • グローバルファイルキャッシュ TCP ポート: 6618-6630

グローバルファイルキャッシュ仮想テンプレートを展開します

仮想テンプレート (`.ova および `.vhd') イメージには ' グローバルファイルキャッシュソフトウェアの最新リリースが含まれています「 .ova 」テンプレートまたは「 .vhd 」仮想マシン( VM )テンプレートを使用してグローバルファイルキャッシュを導入する場合は、このセクションで説明する手順を実行します。指定されたハイパーバイザプラットフォームに '.ova または '.vhd' テンプレートを導入する方法を理解していることを前提としています

リソースリザベーションを含む VM 環境設定が、に記載された要件に適合していることを確認します "仮想導入の要件"

手順
  1. ダウンロードしたテンプレートからパッケージを展開します。

  2. 仮想テンプレートを導入します。導入を開始する前に、次のビデオを参照してください。

  3. 仮想テンプレートを導入し、 VM を設定したら、 VM を起動します。

  4. 初回ブート時、 Windows Server 2016 または 2019 オペレーティングシステムの初回使用準備が完了したら、正しいドライバをインストールし、該当するハードウェアに必要なコンポーネントをインストールすることで、すぐに使用できる環境を実現します。

  5. グローバルファイルキャッシュエッジインスタンスのベースインストールが完了すると、 Windows Server 2016 または 2019 オペレーティングシステムの初期設定ウィザードに従って、ローカリゼーションやプロダクトキーなどのオペレーティングシステムの仕様を設定できます。

  6. 初期設定ウィザードが完了したら、次のクレデンシャルを使用して Windows Server 2016 または 2019 オペレーティングシステムにローカルでログインします。

    • ユーザ名: * FASTAdmin*

    • パスワード: * Tal0nFAST!*

  7. Windows Server VM を構成し、組織の Active Directory ドメインに参加して、グローバルファイルキャッシュエッジ構成セクションに進みます。

グローバルファイルキャッシュエッジインスタンスを構成します

グローバルファイルキャッシュエッジインスタンスは、グローバルファイルキャッシュコアに接続して、ブランチオフィスのユーザにデータセンターファイルサーバリソースへのアクセスを提供します。

注記 設定を開始する前に、 Cloud Volumes ONTAP 環境の一部として Edge インスタンスのライセンスを取得しておく必要があります。を参照してください "ライセンス" ライセンスの詳細については、を参照してください。

多数の Edge インスタンスがあるために複数のグローバルファイルキャッシュコアをインストールする必要がある構成の場合は、一部の Edge インスタンスを最初の Core に接続し、他の Edge インスタンスを 2 番目の Core に接続するように構成します。正しい Core インスタンスの FQDN または IP アドレス、およびその他の必要な情報があることを確認します。

Edge インスタンスを設定するには、次の手順を実行します。

手順
  1. Initial Configuration Assistant の「 Edge Configuration Steps 」セクションに記載されているチェックされていない Core Configuration ステップの横にある * Perform * をクリックします。新しいタブ GFC Edge が開き、セクション _Core インスタンス _ が表示されます。

  2. グローバルファイルキャッシュコアサーバのクラウドファブリック ID * を提供します。通常、クラウドファブリック ID は、バックエンドファイルサーバの NetBIOS 名または地理的な場所です。

  3. グローバルファイルキャッシュコアサーバの * FQDN/IP アドレス * を指定します。

    1. (任意) [SSL] ボックスをオンにして、 Edge から Core への拡張暗号化のための SSL サポートを有効にします。

    2. ユーザー名とパスワードを入力します。これは、 Core で使用されるサービスアカウントの資格情報です。

  4. Add * をクリックして、 Global File Cache Core アプライアンスの追加を確認します。確認のボックスが表示されます。[OK] をクリックして閉じます。

    使用されるグローバルファイルキャッシュコアを識別する Edge エントリを示すスクリーンショット。

Global File Cache Edge ソフトウェアを更新します

グローバルファイルキャッシュでは、ソフトウェアのアップデート(パッチ、拡張機能、新機能)が頻繁にリリースされます。仮想テンプレート(「 .ova 」および「 .vhd 」)イメージには、 Global File Cache ソフトウェアの最新リリースが含まれていますが、新しいバージョンを NetApp Support Download ポータルで入手できる可能性があります。

グローバルファイルキャッシュインスタンスが最新バージョンであることを確認します。

注記 このソフトウェアパッケージは、 Microsoft Windows Server 2016 Standard Edition または Datacenter Edition 、 Windows Server 2019 Standard Edition または Datacenter Edition 上の初期状態のインストールにも使用できます。また、アップグレード戦略の一環として使用することもできます。

Global File Cache インストールパッケージを更新するために必要な手順は、次のとおりです。

手順
  1. 最新のインストールパッケージを目的の Windows Server インスタンスに保存したら、それをダブルクリックしてインストール実行可能ファイルを実行します。

  2. 「 * 次へ * 」をクリックして処理を続行します。

  3. 「 * 次へ * 」をクリックして続行します。

  4. ライセンス契約に同意し、 [ 次へ ] をクリックします。

  5. 目的のインストール先の場所を選択します。

    デフォルトのインストール場所を使用することを推奨します。

  6. 「 * 次へ * 」をクリックして続行します。

  7. スタートメニューフォルダを選択します。

  8. 「 * 次へ * 」をクリックして続行します。

  9. インストールの選択を確認し、 * Install * をクリックしてインストールを開始します。

    インストールプロセスが開始されます。

  10. インストールが完了したら、プロンプトが表示されたらサーバをリブートします。

グローバルファイルキャッシュエッジの高度な設定の詳細については、を参照してください "『 NetApp Global File Cache User Guide 』を参照してください"