日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

『 Getting started with Cloud Volumes ONTAP for Google Cloud 』

寄稿者 netapp-bcammett netapp-tonacki このページの PDF をダウンロード

Cloud Volumes ONTAP for GCP の使用を開始するには、いくつかの手順を実行します。

コネクタを作成します

を持っていなければ "コネクタ" ただし、アカウント管理者がアカウントを作成する必要があります。 。

最初の Cloud Volumes ONTAP 作業環境を作成する際、まだコネクタがない場合は、 Cloud Manager からコネクタの導入を求められます。

構成を計画

Cloud Manager には、ワークロードの要件に応じた事前設定パッケージが用意されています。または、独自の設定を作成することもできます。独自の設定を選択する場合は、使用可能なオプションを理解しておく必要があります。

ネットワークをセットアップします

  1. VPC とサブネットがコネクタと Cloud Volumes ONTAP 間の接続をサポートしていることを確認します。

  2. データの階層化を有効にする場合は、 "プライベート Google アクセス用の Cloud Volumes ONTAP サブネットを設定します"

  3. HA ペアを導入する場合は、それぞれ独自のサブネットを持つ 4 つの VPC があることを確認します。

  4. 共有 VPC を使用する場合は、コネクタサービスアカウントに _Compute Network User_role を指定します。

  5. ターゲット VPC からのアウトバウンドインターネットアクセスを有効にして、コネクタと Cloud Volumes ONTAP が複数のエンドポイントに接続できるようにします。

    コネクタはアウトバウンドのインターネットアクセスがないと Cloud Volumes ONTAP を管理できないため、この手順は重要です。アウトバウンド接続を制限する必要がある場合は、のエンドポイントのリストを参照してください "コネクタと Cloud Volumes ONTAP"

サービスアカウントを設定します

Cloud Volumes ONTAP には、 2 つの目的で Google Cloud サービスアカウントが必要です。1 つ目は、を有効にする場合です "データの階層化" Google Cloud でコールドデータを低コストのオブジェクトストレージに階層化すること。2 つ目は、を有効にした場合です ボリュームを低コストのオブジェクトストレージにバックアップできます。

1 つのサービスアカウントを設定して、両方の目的に使用できます。サービスアカウントには * Storage Admin * ロールが必要です。

Google Cloud API を有効にします

"プロジェクトで次の Google Cloud API を有効にします"。これらの API は、コネクタと Cloud Volumes ONTAP を導入するために必要です。

  • Cloud Deployment Manager V2 API

  • クラウドロギング API

  • Cloud Resource Manager API の略

  • Compute Engine API

  • ID およびアクセス管理( IAM ) API

Cloud Manager を使用して Cloud Volumes ONTAP を起動します

[ 作業環境の追加 ] をクリックし、展開するシステムのタイプを選択して、ウィザードの手順を実行します。 "詳細な手順を参照してください"