日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

セキュアなアクセスのための HTTPS 証明書の管理

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

デフォルトでは、 Cloud Manager は Web コンソールへの HTTPS アクセスに自己署名証明書を使用します。認証局( CA )によって署名された証明書をインストールできます。これにより、自己署名証明書よりも優れたセキュリティ保護が提供されます。

始める前に

Cloud Manager の設定を変更する前に、コネクタを作成する必要があります。 "詳細をご確認ください"

HTTPS 証明書のインストール

セキュアなアクセスのために、 CA によって署名された証明書をインストールします。

手順
  1. Cloud Manager コンソールの右上にある設定アイコンをクリックし、 * HTTPS セットアップ * を選択します。

    Cloud Manager コンソールの右上にある設定アイコンを示すスクリーンショット。

  2. [HTTPS Setup] ページで、証明書署名要求( CSR )を生成するか、独自の CA 署名付き証明書をインストールして、証明書をインストールします。

    オプション 説明

    CSR を生成します

    1. コネクターホストのホスト名または DNS (共通名)を入力し、 * CSR の生成 * をクリックします。

      証明書署名要求が表示されます。

    2. CSR を使用して、 SSL 証明書要求を CA に送信します。

      証明書では、 Privacy Enhanced Mail ( PEM ) Base-64 エンコード X.509 形式を使用する必要があります。

    3. 証明書ファイルをアップロードし、 * Install * をクリックします。

    独自の CA 署名付き証明書をインストールします

    1. 「 CA 署名証明書のインストール」を選択します。

    2. 証明書ファイルと秘密鍵の両方をロードし、 * Install * をクリックします。

      証明書では、 Privacy Enhanced Mail ( PEM ) Base-64 エンコード X.509 形式を使用する必要があります。

Cloud Manager は、 CA 署名付き証明書を使用して、セキュアな HTTPS アクセスを提供するようになりました。次の図は、セキュアアクセス用に設定された Cloud Manager システムを示しています。

スクリーンショット:署名付き証明書をインストールした後の HTTPS セットアップページを表示します。このページには、証明書のプロパティと、証明書を更新するオプションが表示されます。

Cloud Manager の HTTPS 証明書を更新します

Cloud Manager Web コンソールへの安全なアクセスを確保するために、 Cloud Manager HTTPS 証明書は有効期限が切れる前に更新する必要があります。証明書の有効期限が切れる前に証明書を更新しないと、ユーザが HTTPS を使用して Web コンソールにアクセスしたときに警告が表示されます。

手順
  1. Cloud Manager コンソールの右上にある設定アイコンをクリックし、 * HTTPS セットアップ * を選択します。

    Cloud Manager 証明書の詳細が表示されます。有効期限も表示されます。

  2. [ 証明書の変更 ] をクリックし、手順に従って CSR を生成するか、独自の CA 署名証明書をインストールします。

Cloud Manager は新しい CA 署名付き証明書を使用して、セキュアな HTTPS アクセスを提供します。