日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Azure Marketplace からコネクタを作成する

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

Cloud Manager からコネクタを直接作成することを推奨しますが、必要に応じて Azure Marketplace からコネクタを起動できます。Connector の作成とセットアップが完了すると、新しい作業環境を作成するときに、 Cloud Manager によって自動的に Connector が使用されます。

Azure でコネクタを作成する

Azure Marketplace のイメージを使用して Azure に Connector を導入し、コネクタにログインして Cloud Central アカウントを指定します。

手順
  1. "Cloud Manager の Azure Marketplace ページにアクセスします。"

  2. [* Get it Now* ( 今すぐ取得 )] をクリックし、 [* Continue * ( 続行 )] をクリックします。

  3. Azure ポータルで、 * Create * をクリックし、手順に従って仮想マシンを設定します。

    VM を設定する際には、次の点に注意してください。

  4. [* Review + create * (レビュー + 作成) ] ページで選択内容を確認し、 [* Create * (作成) ] をクリックして展開を開始します。

    指定した設定で仮想マシンが展開されます。仮想マシンと Connector ソフトウェアが起動するまでの所要時間は約 5 分です。

  5. Connector 仮想マシンに接続されているホストから Web ブラウザを開き、次の URL を入力します。

    http://ipaddress:80[]

  6. ログイン後、コネクタを設定します。

    1. コネクタに関連付ける Cloud Central アカウントを指定します。

    2. システムの名前を入力します。

      Cloud Manager のセットアップ画面のスクリーンショット。 Cloud Central アカウントを選択してシステムに名前を付けることができます。

これでコネクタがインストールされ、セットアップされました。Cloud Volumes ONTAP を Azure に導入するには、 Azure の権限を付与する必要があります。

Azure 権限を付与しています

Azure にコネクタを導入したら、を有効にしておく必要があります "システムによって割り当てられた管理 ID"。カスタムロールを作成し、そのロールを Connector 仮想マシンに割り当てて、 1 つ以上のサブスクリプションに必要な Azure 権限を付与する必要があります。

手順
  1. Cloud Manager ポリシーを使用してカスタムロールを作成します。

    1. をダウンロードします "Cloud Manager Azure ポリシー"

    2. 割り当て可能なスコープに Azure サブスクリプション ID を追加して、 JSON ファイルを変更します。

      ユーザが Cloud Volumes ONTAP システムを作成する Azure サブスクリプションごとに ID を追加する必要があります。

      • 例 *

      「譲渡対象」:「 / 契約 / D333AF45-0D07-4154-943D-C25FBZZZZ 」、「 / 契約 / 契約 /54B91999-B3E6-4599-908E-416E0ZZZZ 」、「 / 契約 /E471C-3B42-4AE7-9B59-CE5BBZZZZ 」

    3. JSON ファイルを使用して、 Azure でカスタムロールを作成します。

      次の例は、 Azure CLI 2.0 を使用してカスタムロールを作成する方法を示しています。

      「 AZ role definition create — role-definition C : \Policy_for _cloud_Manager_azure_3.9.8.json

    これで、 Connector 仮想マシンに割り当てることができる Cloud Manager Operator というカスタムロールが作成されます。

  2. 1 つ以上のサブスクリプションのロールを Connector 仮想マシンに割り当てます。

    1. [ サブスクリプション ] サービスを開き、 Cloud Volumes ONTAP システムを展開するサブスクリプションを選択します。

    2. 「 * アクセスコントロール( IAM ) * 」をクリックします。

    3. [ * 追加 > 役割の割り当ての追加 * ] をクリックして、権限を追加します。

      • Cloud Manager Operator * ロールを選択します。

        注記 Cloud Manager Operator は、で指定されたデフォルトの名前です "Cloud Manager ポリシー"。ロールに別の名前を選択した場合は、代わりにその名前を選択します。
      • 仮想マシン * へのアクセスを割り当てます。

      • Connector 仮想マシンが作成されたサブスクリプションを選択します。

      • Connector 仮想マシンを選択します。

      • [ 保存( Save ) ] をクリックします。

    4. 追加のサブスクリプションから Cloud Volumes ONTAP を導入する場合は、そのサブスクリプションに切り替えてから、これらの手順を繰り返します。

Connector には、パブリッククラウド環境内のリソースとプロセスを管理するために必要な権限が付与されました。Cloud Manager は、新しい作業環境の作成時にこのコネクタを自動的に使用します。ただし、コネクタが複数ある場合は、が必要です "スイッチを切り替えます"