日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Backup のライセンスをセットアップします

寄稿者 netapp-tonacki このページの PDF をダウンロード

に記載されているように "ライセンスの概要"従量課金制( PAYGO )でクラウドバックアップを利用して料金を支払うことができます。クラウドプロバイダは年間契約、 AWS は年間契約、ネットアップはお客様所有のライセンス( BYOL )を利用して料金を支払うことができます。従量課金制や年間契約を利用する場合は、データのバックアップ先となるクラウドプロバイダのマーケットプレイスから登録する必要があります。すべての市場から購読する必要はない。

PAYGO サブスクリプションを設定します

従量課金制の場合、クラウドプロバイダにオブジェクトストレージのコストを支払い、ネットアップにバックアップライセンスのコストを支払う必要があります。ライセンスコストは、ターゲットのバックアップ容量( ONTAP Storage Efficiency の適用前の容量)に基づいて計算されます。以下のリンクから、クラウドプロバイダのマーケットプレイスから Cloud Backup にサブスクライブできます。

AWS で年単位の契約を登録

AWS Marketplace では、次の 2 つの年間契約が提供されています。

  • 年間契約。 Cloud Volumes ONTAP データとオンプレミスの ONTAP データをバックアップできます。

    にアクセスします "AWS Marketplace のページ" をクリックすると、価格設定の詳細が表示

    このオプションを使用する場合は、 Marketplace のページでサブスクリプションを設定してから、を設定します "サブスクリプションを AWS クレデンシャルに関連付けます"。Cloud Manager で AWS クレデンシャルに割り当てることができるのは 1 つだけなので、この年間契約サブスクリプションを使用して Cloud Volumes ONTAP の料金を支払う必要があります。

  • 1 年、 2 年、 3 年の年間契約を使用して Cloud Volumes ONTAP と Cloud Backup Service をバンドルできるプロフェッショナルパッケージ。支払いは TiB あたりです。このオプションでは、オンプレミスの ONTAP データをバックアップすることはできません。

    にアクセスします "AWS Marketplace のページ" 価格の詳細を表示するには、を参照してください このライセンスオプションの詳細については、を参照してください。

    このオプションを使用する場合は、 Cloud Volumes ONTAP の作業環境を作成するときに年間契約を設定し、 Cloud Manager から AWS Marketplace に登録するように求められます。

Cloud Backup BYOL ライセンスを使用する

ネットアップが提供するお客様所有のライセンスには、 1 年、 2 年、 3 年の期間があります。Cloud Backup Service の BYOL ライセンスを管理するには、 Cloud Manager の [Digital Wallet (デジタルウォレット) ] ページを使用します。新しいライセンスを追加したり、既存のライセンスを更新したりできます。

Cloud Backup ライセンスファイルを取得します

Cloud Backup ライセンスを購入したら、 Cloud Backup のシリアル番号と NSS アカウントを入力するか、 NLF ライセンスファイルをアップロードして、 Cloud Manager でライセンスをアクティブ化します。次の手順は、 NLF ライセンスファイルを取得する方法を示しています。

手順
  1. にサインインします "ネットアップサポートサイト" [ システム ] 、 [ ソフトウェアライセンス ] の順にクリックします。

  2. Cloud Backup ライセンスのシリアル番号を入力します。

    シリアル番号で検索したあとのライセンスの一覧を示すスクリーンショット。

  3. [* License Key] で、 [* Get NetApp License File* ] をクリックします。

  4. Cloud Manager アカウント ID (サポートサイトではテナント ID と呼ばれます)を入力し、 * Submit * をクリックしてライセンスファイルをダウンロードします。

    ライセンスの取得ダイアログボックスを示すスクリーンショット。テナント ID を入力し、送信をクリックしてライセンスファイルをダウンロードします。

    Cloud Manager アカウント ID は、 Cloud Manager の上部にある「 * Account * 」ドロップダウンを選択し、アカウントの横にある「 * Manage Account * 」をクリックすると確認できます。アカウント ID は、 [ 概要 ] タブにあります。

Cloud Backup BYOL ライセンスをアカウントに追加します

ネットアップアカウント用の Cloud Backup ライセンスを購入したら、 Cloud Backup Service を使用するライセンスを Cloud Manager に追加する必要があります。

手順
  1. [ * すべてのサービス ] 、 [ デジタルウォレット ] 、 [ クラウドバックアップライセンス * ] の順にクリックします。

  2. [ バックアップライセンスの追加 ] をクリックします。

  3. Add Cloud Backup License_Dialog で、ライセンス情報を入力し、 * Add Backup License * をクリックします。

    • バックアップライセンスのシリアル番号があり、 NSS アカウントを知っている場合は、 * シリアル番号を入力 * オプションを選択してその情報を入力します。

      お使いのネットアップサポートサイトのアカウントがドロップダウンリストにない場合は、 "NSS アカウントを Cloud Manager に追加します"

    • バックアップライセンスファイルがある場合は、 * ライセンスファイルのアップロード * オプションを選択し、プロンプトに従ってファイルを添付します。

      Cloud Backup BYOL ライセンスを追加するページのスクリーンショット。

Cloud Backup Service をアクティブにするために、 Cloud Manager でライセンスが追加されます。

Cloud Backup BYOL ライセンスを更新する

ライセンス期間が有効期限に近づいている場合や、ライセンスで許可されている容量が制限に達している場合は、通知されます。このステータスは、 [ デジタルウォレット ] ページにも表示されます。

Cloud Backup のライセンスは有効期限が切れる前に更新できるため、データのバックアップとリストアを中断することなく実行できます。

手順
  1. Cloud Manager の右下にあるチャットアイコンをクリックして、特定のシリアル番号の Cloud Backup ライセンスに拡張機能または容量の追加をリクエストします。

    ライセンスの料金をお支払いになり、ネットアップサポートサイトに登録されると、ほとんどの場合、 Cloud Manager は更新されたライセンスファイルを自動的に取得できます。 Cloud Backup Licenses ページには、 5~10 分で変更が反映されます。

  2. Cloud Manager でライセンスを自動更新できない場合は、ライセンスファイルを手動でアップロードする必要があります。

    1. 可能です ライセンスファイルをネットアップサポートサイトから入手します

    2. Cloud Backup Licenses ページで、 * バックアップライセンスの更新 * をクリックします。

    3. [Update Cloud Backup License_] ダイアログで、ライセンス情報を入力し、 [* Update Backup License] をクリックします。

Cloud Manager によってライセンスが更新され、 Cloud Backup Service は引き続きアクティブになります。