日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

既存のコネクタの管理

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

1 つ以上のコネクタを作成した後、コネクタを切り替えたり、コネクタで実行されているローカルユーザーインタフェースに接続したりすることで、コネクタを管理できます。

コネクタ間の切り替え

複数のコネクタがある場合は、コネクタを切り替えることで特定のコネクタに関連付けられている作業環境を確認できます。

たとえば、マルチクラウド環境で作業しているとします。AWS にコネクタが 1 つ、 Google Cloud にコネクタが 1 つあるとします。これらのクラウドで実行されている Cloud Volumes ONTAP システムを管理するには、これらのコネクタを切り替える必要があります。

ステップ
  1. [* コネクタ ] ドロップダウンをクリックし、別のコネクタを選択して、 [ スイッチ *] をクリックします。

    ヘッダーのコネクタアイコンとスイッチアクションを示すスクリーンショット。

    Cloud Manager が更新され、選択したコネクタに関連付けられている作業環境が表示されます。

ローカル UI へのアクセス

SaaS ユーザインターフェイスからほとんどのタスクを実行する必要がありますが、ローカルユーザインターフェイスは引き続きコネクタで使用できます。このインターフェイスは、コネクタ自体から実行する必要があるいくつかのタスクに必要です。

  • "プロキシサーバを設定しています"

  • パッチをインストールしています (通常はネットアップの担当者と協力してパッチをインストールします)

  • AutoSupport メッセージをダウンロードしています (通常は問題が発生したときにネットアップの担当者が指示)

手順
  1. "Cloud Manager SaaS インターフェイスにログインします" コネクターインスタンスへのネットワーク接続を持つマシンから。

    コネクタにパブリック IP アドレスがない場合は、 VPN 接続が必要です。そうでない場合は、コネクタと同じネットワークにあるジャンプホストから接続する必要があります。

  2. [* Connector* (コネクタ * ) ] ドロップダウンをクリックし、 [* ローカル UI へ移動 * ( Go to Local UI * ) ] をクリックします。

    ヘッダーのコネクターアイコンとローカル UI へ移動アクションを示すスクリーンショット。

    コネクタで実行されている Cloud Manager インターフェイスが新しいブラウザタブに表示されます。

コネクタの URI の編集

コネクタの URI を追加および削除します。

手順
  1. Cloud Manager ヘッダーの * Connector * ドロップダウンをクリックします。

  2. [ * コネクターの管理 * ] をクリックします。

  3. コネクターのアクションメニューをクリックし、 * URI を編集 * をクリックする。

  4. URI を追加して削除し、 * 適用 * をクリックします。

Cloud Manager からのコネクタの削除

非アクティブなコネクタは、 Cloud Manager のコネクタのリストから削除できます。この処理は、 Connector 仮想マシンを削除した場合や Connector ソフトウェアをアンインストールした場合に実行できます。

コネクタの取り外しについては、次の点に注意してください。

  • この操作で仮想マシンが削除されることはありません。

  • この操作は元に戻せません — Cloud Manager からコネクタを削除すると、再度 Cloud Manager に追加することはできません。

手順
  1. Cloud Manager ヘッダーの * Connector * ドロップダウンをクリックします。

  2. [ * コネクターの管理 * ] をクリックします。

  3. 非アクティブなコネクターのアクションメニューをクリックし、 * コネクターを除去 * をクリックする。

    非アクティブなコネクタを削除できるコネクタウィジェットのスクリーンショット。

  4. 確認するコネクタの名前を入力し、 [ 削除 ] をクリックします。

Cloud Manager によってレコードからコネクタが削除されます。

Connector ソフトウェアのアンインストール

Connector にはアンインストールスクリプトが含まれており、このスクリプトを使用してソフトウェアをアンインストールし、問題のトラブルシューティングやホストからソフトウェアを完全に削除することができます。

ステップ
  1. Linux ホストからアンインストールスクリプトを実行します。

    • /opt/application/NetApp/cloudmanager/bin/uninstall.sh [ サイレント ] *

    silent_ 確認を求めずにスクリプトを実行します。

ソフトウェアのアップグレードについて教えてください。

Connector は、ソフトウェアが最新バージョンである限り、自動的にソフトウェアを更新します "アウトバウンドインターネットアクセス" をクリックしてソフトウェアアップデートを入手します。