日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Data Fusion を使用して個人データ識別子を追加する

寄稿者 netapp-tonacki

Data Fusion では ' 企業のデータをスキャンして ' データベースから一意の識別子がファイルまたはその他のデータベースで見つかったかどうかを確認できます基本的には ' クラウドデータ検出スキャンで識別される個人データの一覧を作成しますこれにより、機密データが存在する可能性のある場所に関する全体像が _all_your ファイルに表示されます。

注記 このセクションで説明する機能は、データソースに対して完全な分類スキャンを実行することを選択した場合にのみ使用できます。マッピングのみのスキャンを実行したデータソースでは、ファイルレベルの詳細は表示されません。

データベースからカスタムの個人データ識別子を作成する

データベーステーブルで特定の列を選択することにより、クラウドデータセンスがスキャンで検索する追加の識別子を選択できます。たとえば、次の図は、データ Fusion を使用してボリューム、バケット、およびデータベースをスキャンし、 Oracle データベースからすべての顧客 ID が出現する状況を示しています。

データベースのコンテンツをソースとして使用して、同じデータを含むファイルを識別する方法を示す図。

このように、 2 つのボリュームと 1 つの S3 バケットにそれぞれ一意の顧客 ID が見つかりました。データベーステーブル内の一致も識別されます。

が必要です "データベースサーバを少なくとも 1 つ追加しました" データ Fusion ソースを追加する前にクラウドデータを検出

  1. [ 構成 ] ページで、ソースデータが存在するデータベースの [ データ Fusion の管理 ] をクリックします。

    "ソース列を追加する [ データの管理( Manage Data Fusion ) ボタンを選択するスクリーンショット。"]

  2. 次のページで [Add Data Fusion source*] をクリックします。

  3. [Add Data Fusion Source_] ページで、次の手順を実行します。

    1. ドロップダウンメニューからデータベーススキーマを選択します。

    2. そのスキーマにテーブル名を入力します。

    3. 使用する一意の識別子を含む列を入力します。

      複数の列を追加する場合は、各列名またはテーブルビュー名を別々の行に入力します。

    データ Fusion ソースのスキーマ、テーブル、および列を識別するスクリーンショット。

  4. [Add Data Fusion Source*] をクリックします。

    Data Fusion インベントリページには、クラウドデータセンスでスキャンするように設定したデータベースソース列が表示されます。

    Data Fusion で設定したすべてのデータソース参照のスクリーンショット。

次のスキャンの後、この新しい情報は、 [ 個人 ] 結果セクションの [ ダッシュボード ] 、 [ 個人データ ] フィルタの [ 調査 ] ページに表示されます。追加した各ソース・カラムは ' フィルタ・リストに "Table.column" として表示されますたとえば 'Customers .Customer ID' のように表示されます

Data Fusion ソースの削除

特定の Data Fusion ソースを使用してファイルをスキャンしない場合は、 Data Fusion インベントリページからソース行を選択し、 [ * データ Fusion ソースの削除 * ] をクリックします。

データ Fusion ソースを削除する方法を示すスクリーンショット。