日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Manager で Storage VM を管理します

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

Storage VM は ONTAP 内で実行される仮想マシンであり、クライアントにストレージサービスとデータサービスを提供します。これは、 _ SVM _ または _ SVM _ であることがわかります。Cloud Volumes ONTAP にはデフォルトで 1 つの Storage VM が設定されますが、一部の設定では追加の Storage VM がサポートされます。

サポートされている Storage VM 数

特定の構成の Cloud Volumes ONTAP では、 AWS および Azure で複数の Storage VM がサポートされます。にアクセスします "Cloud Volumes ONTAP リリースノート" 使用している Cloud Volumes ONTAP のバージョンでサポートされる Storage VM 数を確認してください。

複数の Storage VM を使用できます

Cloud Manager では、 System Manager または CLI から追加で作成する Storage VM をサポートします。

たとえば、次の図は、ボリュームの作成時に Storage VM を選択する方法を示しています。

ボリュームを作成する Storage VM を選択する機能を示すスクリーンショット。

次の図は、ボリュームを別のシステムにレプリケートするときに Storage VM を選択する方法を示しています。

ボリュームをレプリケートする Storage VM を選択する機能を示すスクリーンショット。

デフォルトの Storage VM の名前を変更します

Cloud Manager は、 Cloud Volumes ONTAP 用に作成した単一の Storage VM に自動的に名前を付けます。厳密な命名基準がある場合は、 Storage VM の名前を変更できます。たとえば、 ONTAP クラスタの Storage VM の命名規則に沿った名前に変更できます。

Cloud Volumes ONTAP 用に追加の Storage VM を作成した場合、その Storage VM の名前を Cloud Manager から変更することはできません。Cloud Volumes ONTAP から直接実行する必要があります。そのためには、 System Manager または CLI を使用します。

手順
  1. 作業環境で、メニューアイコンをクリックし、 * 情報 * をクリックします。

  2. Storage VM 名の右にある編集アイコンをクリックします。

    スクリーンショット: SVM 名フィールドと、 SVM 名を変更するためにクリックする必要がある編集アイコンが表示されます。

  3. SVM 名の変更ダイアログボックスで名前を変更し、 * 保存 * をクリックします。

ディザスタリカバリ用に Storage VM を管理する

Cloud Manager では、 Storage VM ディザスタリカバリのセットアップやオーケストレーションはサポートされていません。System Manager または CLI を使用する必要があります。