日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AWS で Cloud Volumes ONTAP 用のデータ提供用 Storage VM を作成します

寄稿者 netapp-bcammett

Storage VM は ONTAP 内で実行される仮想マシンであり、クライアントにストレージサービスとデータサービスを提供します。これは、 _ SVM _ または _ SVM _ であることがわかります。Cloud Volumes ONTAP にはデフォルトで 1 つの Storage VM が設定されますが、一部の設定では追加の Storage VM がサポートされます。

データを提供する Storage VM を追加で作成するには、 AWS で IP アドレスを割り当ててから、 Cloud Volumes ONTAP の設定に基づいて ONTAP コマンドを実行する必要があります。

サポートされている Storage VM 数

Cloud Volumes ONTAP の BYOL では、 9.7 リリース以降、複数の Storage VM がアドオンライセンスで AWS でサポートされます。にアクセスします "Cloud Volumes ONTAP リリースノート" 使用している Cloud Volumes ONTAP のバージョンでサポートされる Storage VM 数を確認してください。

他のすべての Cloud Volumes ONTAP 構成で、ディザスタリカバリに使用する 1 つのデータ提供用 Storage VM と 1 つのデスティネーション Storage VM がサポートされます。ソース Storage VM で停止が発生した場合は、デスティネーション Storage VM をデータアクセス用にアクティブ化できます。

構成の制限を確認します

各 EC2 インスタンスでは、ネットワークインターフェイスごとにサポートされるプライベート IPv4 アドレスの最大数が決まっています。新しい Storage VM に AWS で IP アドレスを割り当てる前に、上限を確認する必要があります。

手順
  1. に移動します "ストレージの制限に関するセクションは、 Cloud Volumes ONTAP リリースノートを参照してください"

  2. インスタンスタイプのインターフェイスごとの IP アドレスの最大数を確認します。

  3. AWS で IP アドレスを割り当てるときは次のセクションで必要になるため、この数値をメモしておいてください。

AWS で IP アドレスを割り当てます

新しい Storage VM 用の LIF を作成する前に、 AWS のポート e0a にプライベート IPv4 アドレスを割り当てる必要があります。

Storage VM 用のオプションの管理 LIF では、単一のノードシステムおよび単一の AZ 内の HA ペア上にプライベート IP アドレスが必要です。この管理 LIF は、 SnapCenter などの管理ツールへの接続を提供します。

手順
  1. AWS にログインして EC2 サービスを開きます。

  2. Cloud Volumes ONTAP インスタンスを選択し、 * ネットワーク * をクリックします。

    HA ペアで Storage VM を作成する場合は、ノード 1 を選択します。

  3. ネットワークインターフェイス * までスクロールし、ポート e0a の * インターフェイス ID * をクリックします。

    ネットワークインターフェイスのポート e0a を表示する AWS コンソールのスクリーンショット。

  4. ネットワークインターフェイスを選択し、 * Actions > Manage IP Addresses * をクリックします。

  5. e0a の IP アドレスのリストを展開します。

  6. IP アドレスを確認します。

    1. 割り当てられた IP アドレスの数を数えて、ポートに追加の IP 用のスペースがあることを確認します。

      このページの前のセクションで、インターフェイスごとにサポートされる IP アドレスの最大数を確認しておく必要があります。

    2. オプション: Cloud Volumes ONTAP の CLI に移動し、 * network interface show * を実行して、各 IP アドレスが使用中であることを確認します。

      IP アドレスが使用されていない場合は、新しい Storage VM で使用できます。

  7. AWS コンソールに戻り、「 * 新しい IP アドレスを割り当て * 」をクリックして、新しい Storage VM に必要な量に基づいて追加の IP アドレスを割り当てます。

    • シングルノードシステム:未使用のセカンダリプライベート IP が 1 つ必要です。

      Storage VM に管理 LIF を作成する場合は、オプションのセカンダリプライベート IP が必要です。

    • 単一の AZ における HA ペア:ノード 1 には、未使用のセカンダリプライベート IP が 1 つ必要です。

      Storage VM に管理 LIF を作成する場合は、オプションのセカンダリプライベート IP が必要です。

    • 複数の AZ にまたがる HA ペア:各ノードには、未使用のセカンダリプライベート IP が 1 つ必要です。

  8. 単一の AZ 内の HA ペアに IP アドレスを割り当てる場合は、 * セカンダリプライベート IPv4 アドレスの再割り当てを許可 * を有効にします。

  9. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

  10. 複数の AZ に HA ペアを作成する場合は、ノード 2 に対して上記の手順を繰り返す必要があります。

シングルノードシステムに Storage VM を作成する

以下の手順では、シングルノードシステムに新しい Storage VM を作成します。NAS LIF を作成するには 1 つのプライベート IP アドレスが必要で、管理 LIF を作成する場合はもう 1 つのプライベート IP アドレスが必要です。

手順
  1. Storage VM と Storage VM へのルートを作成してください。

    vserver create -rootvolume-security-style unix -rootvolume root_svm_2 -snapshot-policy default -vserver svm_2 -aggregate aggr1
    network route create -destination 0.0.0.0/0 -vserver svm_2 -gateway subnet_gateway
  2. NAS LIF を作成します。

    network interface create -auto-revert true -vserver svm_2 -service-policy default-data-files -home-port e0a -address private_ip_x -netmask node1Mask -lif ip_nas_2 -home-node cvo-node

    ここで、 _private_IP_x_は 、 e0a 上の未使用のセカンダリプライベート IP です。

  3. オプション: Storage VM 管理 LIF を作成する

    network interface create -auto-revert true -vserver svm_2 -service-policy default-management -home-port e0a -address private_ip_y -netmask node1Mask -lif ip_svm_mgmt_2 -home-node cvo-node

    ここで、 private_IP_y は e0a 上の別の未使用のセカンダリプライベート IP です。

の HA ペアに Storage VM を作成します 単一 AZ

以下の手順では、単一の AZ の HA ペアに新しい Storage VM を作成します。NAS LIF を作成するには 1 つのプライベート IP アドレスが必要で、管理 LIF を作成する場合はもう 1 つのプライベート IP アドレスが必要です。

これらの両方の LIF はノード 1 に割り当てられます。障害が発生した場合、プライベート IP アドレスをノード間で移動できます。

手順
  1. Storage VM と Storage VM へのルートを作成してください。

    vserver create -rootvolume-security-style unix -rootvolume root_svm_2 -snapshot-policy default -vserver svm_2 -aggregate aggr1
    network route create -destination 0.0.0.0/0 -vserver svm_2 -gateway subnet_gateway
  2. ノード 1 に NAS LIF を作成します。

    network interface create -auto-revert true -vserver svm_2 -service-policy default-data-files -home-port e0a -address private_ip_x -netmask node1Mask -lif ip_nas_2 -home-node cvo-node1

    ここで、 _private_IP_x_は 、 CVO-node1 の e0a にある未使用のセカンダリプライベート IP です。テイクオーバーの際には、この IP アドレスを CVO-node2 の e0a に再配置できます。これは、サービスポリシー default-data-files が、 IP をパートナーノードに移行できることを示しているためです。

  3. オプション:ノード 1 に Storage VM 管理 LIF を作成します。

    network interface create -auto-revert true -vserver svm_2 -service-policy default-management -home-port e0a -address private_ip_y -netmask node1Mask -lif ip_svm_mgmt_2 -home-node cvo-node1

    ここで、 private_IP_y は e0a 上の別の未使用のセカンダリプライベート IP です。

複数の HA ペアに Storage VM を作成する AZS

以下の手順は、複数の AZ にまたがる HA ペア上に新しい Storage VM を作成します。

NAS LIF には _floated_ip アドレスが必要です。これは管理 LIF のオプションです。これらのフローティング IP アドレスでは、 AWS でプライベート IP を割り当てる必要はありません。代わりに、 AWS ルートテーブルに、同じ VPC 内の特定のノードの ENI を指すようにフローティング IP が自動的に設定されます。

フローティング IP が ONTAP と連携するためには、各ノードのすべての Storage VM でプライベート IP アドレスを設定する必要があります。以下の手順は、ノード 1 とノード 2 に iSCSI LIF を作成したものです。

手順
  1. Storage VM と Storage VM へのルートを作成してください。

    vserver create -rootvolume-security-style unix -rootvolume root_svm_2 -snapshot-policy default -vserver svm_2 -aggregate aggr1
    network route create -destination 0.0.0.0/0 -vserver svm_2 -gateway subnet_gateway
  2. ノード 1 に NAS LIF を作成します。

    network interface create -auto-revert true -vserver svm_2 -service-policy default-data-files -home-port e0a -address floating_ip -netmask node1Mask -lif ip_nas_floating_2 -home-node cvo-node1
  3. オプション:ノード 1 に Storage VM 管理 LIF を作成します。

    network interface create -auto-revert true -vserver svm_2 -service-policy default-management -home-port e0a -address floating_ip -netmask node1Mask -lif ip_svm_mgmt_2 -home-node cvo-node1
  4. ノード 1 に iSCSI LIF を作成

    network interface create -vserver svm_2 -service-policy default-data-blocks -home-port e0a -address private_ip -netmask nodei1Mask -lif ip_node1_iscsi_2 -home-node cvo-node1
    • この iSCSI LIF は、 Storage VM でフローティング IP の LIF 移行をサポートするために必要です。iSCSI LIF である必要はありませんが、ノード間で移行するように設定することはできません。

    • 「 -service-policy default-data-block 」は、 IP アドレスがノード間で移行されないことを示します。

    • _private_IP_は 、 CVO-node1 の eth0 ( e0a )上の未使用のセカンダリプライベート IP アドレスです。

  5. ノード 2 に iSCSI LIF を作成

    network interface create -vserver svm_2 -service-policy default-data-blocks -home-port e0a -address private_ip -netmaskNode2Mask -lif ip_node2_iscsi_2 -home-node cvo-node2
    • この iSCSI LIF は、 Storage VM でフローティング IP の LIF 移行をサポートするために必要です。iSCSI LIF である必要はありませんが、ノード間で移行するように設定することはできません。

    • 「 -service-policy default-data-block 」は、 IP アドレスがノード間で移行されないことを示します。

    • _private_IP_は 、 CVO-node2 の eth0 ( e0a )上の未使用のセカンダリプライベート IP アドレスです。