日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ランサムウェアからの保護を強化

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

ランサムウェア攻撃は、ビジネス時間、リソース、評判を低下させる可能性があります。Cloud Manager では、ランサムウェアに対応したネットアップソリューションを実装できます。これにより、可視化、検出、修復のための効果的なツールが提供されます。

手順
  1. 作業環境で、「 * ランサムウェア * 」アイコンをクリックします。

    作業環境を表示しているときにページの右上に表示されるランサムウェアのアイコンを示すスクリーンショット。

  2. ネットアップのランサムウェア向けソリューションを導入する:

    1. Snapshot ポリシーが有効になっていないボリュームがある場合は、 * Snapshot ポリシーのアクティブ化 * をクリックします。

      NetApp Snapshot テクノロジは、ランサムウェアの修復に業界最高のソリューションを提供します。リカバリを成功させるには、感染していないバックアップからリストアすることが重要です。Snapshot コピーは読み取り専用であり、ランサムウェアによる破損を防止します。単一のファイルコピーまたは完全なディザスタリカバリソリューションのイメージを作成する際の単位を提供することもできます。

    2. FPolicy のアクティブ化 * をクリックして ONTAP の FPolicy ソリューションを有効にします。これにより、ファイルの拡張子に基づいてファイル操作をブロックできます。

      この予防ソリューションは、ランサムウェア攻撃からの保護を強化する一般的なランサムウェアファイルタイプをブロックします。

      デフォルトの FPolicy スコープは、次の拡張子を持つファイルをブロックします。

      マイクロ、暗号化、ロック、暗号化、暗号化、暗号化 crinf 、 r5a 、 XRNT 、 XTBL 、 R16M01D05 、 pzdc 、 good 、 LOL! 、 OMG! 、 RDM 、 RRK 、 encryptedRS 、 crjoker 、 enciphered 、 LeChiffre

    ヒント Cloud Manager では、 Cloud Volumes ONTAP で FPolicy をアクティブ化するときにこのスコープを作成します。このリストは、一般的なランサムウェアのファイルタイプに基づいています。ブロックされるファイル拡張子をカスタマイズするには、 Cloud Volumes ONTAP CLI から _ vserver fpolicy policy scope_コマンド を使用します。

作業環境内から利用できる「ランサムウェア対策」ページを示すスクリーンショット画面には、 Snapshot ポリシーが適用されていないボリュームの数と、ランサムウェアのファイル拡張子をブロックする機能が表示されます。