日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データ主体アクセス要求に応答します

寄稿者 netapp-tonacki netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

データ主体アクセス要求( dsar )に応答するには、件名のフルネームまたは既知の識別子(電子メールアドレスなど)を検索し、レポートをダウンロードします。このレポートは、企業が GDPR や同様のデータプライバシー法を遵守する必要がある場合に役立つように作成されています。

注記 dsar 機能は、データソースで完全な分類スキャンを実行するように選択した場合にのみ使用できます。マッピングのみのスキャンを実行したデータソースでは、ファイルレベルの詳細は表示されません。
注記 ネットアップでは、 Cloud Data Sense が特定した個人データと機密性の高い個人データの正確性を 100% 保証することはできません。必ずデータを確認して情報を検証してください。

データ主体アクセス要求とは

欧州 GDPR などのプライバシー規制により、データ主体(お客様や従業員など)は個人データにアクセスする権利が付与されます。データ主体がこの情報を要求すると ' これは dsar ( データ主体アクセス要求 ) と呼ばれます組織は、これらの要求に「期日前に」、受領後 1 か月以内に対応する必要があります。

クラウドデータの意味は、どのようにして dsar に対応するのに役立ちますか?

データ主体検索を実行すると、 Cloud Data Sense により、そのユーザーの名前または識別子が含まれているすべてのファイル、バケット、およびデータベースが検索されます。データセンスは、最新のインデックス付きデータの名前または識別子をチェックします。新しいスキャンは開始されません。

検索が完了したら、 Data Subject Access Request レポートのファイルリストをダウンロードできます。このレポートでは、データから得た情報を集約して、利用者に返すことができる法的条件にします。

データ主体の検索とレポートのダウンロード

データ主体のフルネームまたは既知の識別子を検索し、ファイルリストレポートまたは dsar レポートをダウンロードします。で検索できます "個人情報の種類"

データ主体の名前を検索する場合は、英語のみがサポートされます。言語のサポートは、あとで追加されます。

注記 現時点では、データベース内でのデータの件名検索はサポートされていません。
手順
  1. Cloud Manager の上部で、 * Data Sense * をクリックします。

  2. [ * データ主体 * ] をクリックします。

  3. データ主体のフルネームまたは既知の識別子を検索します

    次の例では、 name John doe: を検索しています。

    dsar の名前 "John Doe" の検索を示すスクリーンショット。

  4. 次のいずれかのオプションを選択します。

    • Download dsar Report: アクセス要求に対する正式な応答で、データ主体に送信できます。このレポートには、クラウドデータが対象とするデータに基づいて自動的に生成された情報が含まれており、テンプレートとして使用するように設計されています。データ主体に送信する前に、フォームに必要事項を記入して内部で確認してください。

    • * 調査結果 * :特定のファイルの検索、ソート、詳細の展開、およびファイルリストのダウンロードによってデータを調査できるページ。

      注記 10 、 000 件を超える結果がある場合は、ファイルリストに上位 10 、 000 件のみが表示されます。