日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

OneDrive アカウントをスキャンしています

寄稿者 netapp-tonacki このページの PDF をダウンロード

いくつかの手順を実行して、クラウドデータセンスを使用した OneDrive フォルダのファイルのスキャンを開始します。

クイックスタート

これらの手順を実行すると、すぐに作業を開始できます。また、残りのセクションまでスクロールして詳細を確認することもできます。

OneDrive の前提条件を確認します

OneDrive アカウントにログインするための管理者資格情報があることを確認してください。

Cloud Data Sense インスタンスを導入する

"クラウドデータの導入センス" インスタンスが展開されていない場合。

OneDrive アカウントを追加します

Admin ユーザクレデンシャルを使用して、アクセスする OneDrive アカウントにログインし、新しい作業環境として追加します。

ユーザを追加し、スキャンするユーザを選択します

スキャンするユーザのリストを OneDrive アカウントから追加し、スキャンのタイプを選択します。一度に最大 100 人のユーザを追加できます。

OneDrive の要件を確認する

Cloud Data Sense を有効にする前に、次の前提条件を確認し、サポートされている構成であることを確認します。

  • すべてのユーザファイルに読み取りアクセスを提供する OneDrive for Business アカウントの管理者ログインクレデンシャルが必要です。

  • OneDrive フォルダをスキャンするすべてのユーザーに対して、電子メールアドレスの行区切りリストが必要です。

OneDrive アカウントを追加します

ユーザファイルが存在する OneDrive アカウントを追加します。

手順
  1. [ 作業環境の構成 ] ページで、 [ * データソースの追加 >] 、 [ OneDrive アカウントの追加 *] の順にクリックします。

    "[OneDrive の追加 ボタンをクリックできる [ スキャン構成 ] ページのスクリーンショット。"]

  2. [ OneDrive アカウントの追加 ] ダイアログで、 [* OneDrive にサインイン ] をクリックします。

  3. 表示される Microsoft ページで、 OneDrive アカウントを選択し、必要な管理者ユーザーとパスワードを入力してから、 [Accept] をクリックして、 Cloud Data Sense がこのアカウントからデータを読み取ることを許可します。

OneDrive アカウントが作業環境の一覧に追加されます。

OneDrive ユーザーをコンプライアンススキャンに追加する

個々の OneDrive ユーザーまたはすべての OneDrive ユーザーを追加して、ファイルを Cloud Data Sense でスキャンすることができます。

手順
  1. [Configuration] ページで、 OneDrive アカウントの [* 構成 *] ボタンをクリックします。

    設定ボタンを選択できるスキャン設定ページのスクリーンショット。

  2. この OneDrive アカウントに初めてユーザーを追加する場合は、 [ * 最初の OneDrive ユーザーを追加する * ] をクリックします。

    最初の OneDrive ユーザーを追加するボタンを示すスクリーンショット。最初のユーザーをアカウントに追加します。

    OneDrive アカウントからユーザーを追加する場合は、 [* OneDrive ユーザーの追加 * ] をクリックします。

    "アカウントにユーザを追加する [OneDrive ユーザの追加 ボタンを示すスクリーンショット。"]

  3. ファイルをスキャンするユーザーの電子メールアドレスを 1 行に 1 つ追加し(セッションあたり最大 100 件)、 [ ユーザーの追加 ] をクリックします。

    "スキャンするユーザを追加できる [OneDrive ユーザの追加 ページのスクリーンショット。"]

    確認ダイアログに、追加されたユーザの数が表示されます。

    ダイアログに追加できなかったユーザが表示される場合は、この情報を記録して問題を解決します。修正した E メールアドレスを使用してユーザを再追加できる場合もあります。

  4. ユーザファイルに対して、マッピング専用スキャン、またはマッピングおよび分類スキャンをイネーブルにします。

    終了: 手順:

    ユーザファイルに対してマッピングのみのスキャンを有効にします

    [* マップ * ] をクリックします

    ユーザファイルのフルスキャンを有効にします

    [ マップと分類 *] をクリックします

    ユーザファイルのスキャンを無効にします

    [ * Off * ] をクリックします

Cloud Data Sense によって、追加したユーザのファイルのスキャンが開始され、その結果がダッシュボードやその他の場所に表示されます。

OneDrive ユーザーをコンプライアンススキャンから削除します

ユーザが会社から退出した場合や、 E メールアドレスが変更された場合、個々の OneDrive ユーザがいつでもファイルをスキャンできないようにすることができます。[ 構成 ] ページで [OneDrive ユーザーの削除 ] をクリックします。

単一のユーザをスキャン対象から削除する方法を示すスクリーンショット。