日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Central アカウントでのワークスペースとユーザのセットアップ

寄稿者 netapp-bcammett netapp-tonacki このページの PDF をダウンロード

Cloud Manager に初めてログインするときは、 _NetApp Cloud Central アカウント _ を作成するように求められます。このアカウントはマルチテナンシーを提供し、分離されたワークスペース内でユーザとリソースを整理することができます。

Cloud Central アカウントを設定して、ユーザが Cloud Manager にアクセスしてワークスペース内の作業環境にアクセスできるようにします。1 人のユーザを追加するか、複数のユーザとワークスペースを追加するだけです。

ワークスペースの追加

Cloud Manager のワークスペースを使用すると、作業環境のセットを他の作業環境や他のユーザから分離できます。たとえば、 2 つのワークスペースを作成し、各ワークスペースに別々のユーザーを関連付けることができます。

手順
  1. の上部から "クラウドマネージャ"をクリックし、 [Account] ドロップダウンをクリックします。

    Cloud Manager の上部のバナーにあるアカウント設定オプションを示すスクリーンショット。

  2. 現在選択されているアカウントの横にある [ * アカウントの管理 * ] をクリックします。

    「アカウント」ドロップダウンから利用できる「アカウント設定の管理」オプションを示すスクリーンショット。

  3. [* ワークスペース * ] をクリックします。

  4. [ 新規ワークスペースの追加 ] をクリックします。

  5. ワークスペースの名前を入力し、 * 追加 * をクリックします。

ワークスペース管理者がこのワークスペースにアクセスする必要がある場合は、ユーザーを関連付ける必要があります。また、ワークスペース管理者がコネクタを使用できるように、コネクタをワークスペースに関連付ける必要があります。

ユーザを追加する

Cloud Central ユーザを Cloud Central アカウントに関連付けて、これらのユーザが Cloud Manager で作業環境を作成および管理できるようにします。

手順
  1. ユーザーがまだ行っていない場合は、にアクセスするようにユーザーに依頼します "NetApp Cloud Central" 登録してください。

  2. の上部から "クラウドマネージャ"をクリックし、 [Account] ドロップダウンをクリックして、 [Manage Account] をクリックします。

    「アカウント」ドロップダウンから利用できる「アカウント設定の管理」オプションを示すスクリーンショット。

  3. メンバータブで、 * ユーザーを関連付け * をクリックします。

  4. ユーザの E メールアドレスを入力し、ユーザのロールを選択します。

    • * アカウント管理者 * : Cloud Manager で任意の操作を実行できます。

    • * ワークスペース管理者 * :割り当てられたワークスペースでリソースを作成および管理できます。

    • * Compliance Viewer * :クラウドデータセンスガバナンスおよびコンプライアンス情報のみを表示し、アクセス権のあるワークスペースのレポートを生成できます。

    • * SnapCenter Admin* : SnapCenter サービスを使用して、アプリケーションと整合性のあるバックアップを作成し、それらのバックアップを使用してデータをリストアできます。このサービスは現在ベータ版です。

  5. Account Admin 以外のアカウントを選択した場合は、そのユーザに関連付けるワークスペースを 1 つ以上選択します。

    ロールと関連するワークスペースを選択してユーザを関連付ける方法を示すスクリーンショット。

  6. [ 関連付け( Associate ) ] をクリックします。

ユーザには、 NetApp Cloud Central の「 Account Association 」というタイトルの E メールが送信されます。 E メールには、 Cloud Manager にアクセスするために必要な情報が記載されています。

ワークスペース管理者とワークスペースの関連付け

ワークスペース管理者は、いつでも追加のワークスペースに関連付けることができます。ユーザーを関連付けると、ワークスペース内の作業環境を作成して表示できます。

手順
  1. Cloud Manager の上部で、 * Account * ドロップダウンをクリックし、 * Manage Account * をクリックします。

    「アカウント」ドロップダウンから利用できる「アカウント設定の管理」オプションを示すスクリーンショット。

  2. メンバー (Members) タブで ' ユーザーに対応する行のアクションメニューをクリックします

    ユーザテーブルでユーザの名前にカーソルを合わせたときに使用できる操作メニューを示すスクリーンショット。

  3. * ワークスペースの管理 * をクリックします。

  4. 1 つ以上のワークスペースを選択し、 * 適用 * をクリックします。

コネクタがワークスペースにも関連付けられていれば、ユーザは Cloud Manager からこれらのワークスペースにアクセスできるようになりました。

ワークスペースへのコネクタの関連付け

ワークスペース管理者がコネクタを使用して Cloud Volumes ONTAP システムを作成できるように、コネクタをワークスペースに関連付ける必要があります。

アカウント管理者のみがいる場合は、コネクタをワークスペースに関連付ける必要はありません。アカウント管理者は、デフォルトで Cloud Manager のすべてのワークスペースにアクセスできます。

手順
  1. Cloud Manager の上部で、 * Account * ドロップダウンをクリックし、 * Manage Account * をクリックします。

    「アカウント」ドロップダウンから利用できる「アカウント設定の管理」オプションを示すスクリーンショット。

  2. コネクター( * Connector )をクリックします。

  3. 関連付けるコネクタの * ワークスペースの管理 * をクリックします。

  4. 1 つ以上のワークスペースを選択し、 * 適用 * をクリックします。

ワークスペース管理者は、これらのコネクタを使用して Cloud Volumes ONTAP システムを作成できるようになりました。

次の手順

アカウントの設定が完了したので、ユーザーの削除、ワークスペース、コネクタ、およびサブスクリプションの管理によって、いつでもアカウントを管理できます。 "詳細はこちら。"