日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データブローカーの管理

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

データブローカーは、ソースの場所からターゲットの場所にデータを同期します。作成する同期関係ごとにデータブローカーが必要です。データブローカーを管理するには、新しいデータブローカーをグループに追加し、データブローカーに関する情報を表示します。

データブローカーグループ

データブローカーをグループ化すると、同期関係のパフォーマンスを向上させることができます。

データブローカーの数の確認

多くの場合、 1 つのデータブローカーで同期関係のパフォーマンス要件を満たすことができます。そうでない場合は、データブローカーをグループに追加することで、同期パフォーマンスを高速化できます。ただし、まず、同期のパフォーマンスに影響を与える可能性のある他の要因を確認する必要があります。 "複数のデータブローカーがいつ行われるかを確認する方法については、こちらをご覧ください は必須です"

グループは複数の関係を管理できます

データブローカーグループは、一度に 1 つ以上の同期関係を管理できます。

たとえば、次の 3 つの関係があるとします。

  • 関係 1 はデータブローカー A を使用します

  • Relationship 2 では、データブローカー B が使用されます

  • Relationship 3 では、データブローカー A を使用します

新しいデータブローカー(データブローカー C )をグループに追加するため、関係 1 のパフォーマンスを高速化したいと考えています。データブローカー A は関係 3 の管理にも使用されるため、グループ内に 2 つのデータブローカーを配置することで、この関係のパフォーマンスも向上します。

新しいデータブローカーのみ

新しいデータブローカーはグループにのみ追加できます。既存のデータブローカーをグループに追加することはできません。

新しいデータブローカーを追加

新しいデータブローカーを作成するには、いくつかの方法があります。

  • 新しい同期関係を作成する場合

  • [ データブローカーの管理 ] ページで、 [ 新規追加 ] をクリックします データブローカー * 。新しいストレージにデータブローカーを作成します グループ

  • 新しいを作成して、 [ データブローカーの管理( Manage Data Brokers ) ] ページからアクセスします 既存のグループのデータブローカー

知っておくべきこと
  • 暗号化された同期関係を管理するグループにデータブローカーを追加することはできません。

  • 既存のグループにデータブローカーを作成する場合、データブローカーはオンプレミスのデータブローカーであるか、同じタイプのデータブローカーである必要があります。

    たとえば、グループに AWS データブローカーが含まれている場合、そのグループに AWS データブローカーまたはオンプレミスのデータブローカーを作成できます。Azure データブローカーと GCP データブローカーは、同じタイプのデータブローカーではないため、作成できません。

新しいグループにデータブローカーを作成する手順
  1. [ * 同期 ] > [ データブローカーの管理 * ] をクリックします。

  2. [ 新しいデータブローカーの追加 ] をクリックします。

  3. プロンプトに従ってデータブローカーを作成します。

    ヘルプについては、次のページを参照してください。

既存のグループにデータブローカーを作成する手順
  1. [ * 同期 ] > [ データブローカーの管理 * ] をクリックします。

  2. アクションメニューをクリックし、 * データブローカーの追加 * を選択します。

    グループ内の個々のデータブローカーで使用可能なアクションメニューのスクリーンショット。

  3. プロンプトに従ってデータブローカーを作成します。

    ヘルプについては、次のページを参照してください。

セキュリティに関する推奨事項

データブローカーマシンのセキュリティを確保するために、次のことを推奨します。

  • SSH で X11 転送を許可しないでください

  • SSH では、 TCP 接続の転送を許可しないでください

  • SSH ではトンネルを許可しないでください

  • SSH では、クライアント環境変数を受け入れないでください

これらのセキュリティ推奨事項は、データブローカーマシンへの不正な接続を防止するのに役立ちます。

データブローカーの構成を表示します

データブローカーの詳細を確認することで、ホスト名、 IP アドレス、使用可能な CPU や RAM などを特定することができます。

Cloud Sync では、データブローカーに関する以下の詳細が提供されています。

  • 基本情報:インスタンス ID 、ホスト名など

  • ネットワーク:リージョン、ネットワーク、サブネット、プライベート IP など

  • ソフトウェア: Linux ディストリビューション、データブローカーのバージョンなど

  • ハードウェア: CPU と RAM

  • 設定:データブローカーの 2 種類の主なプロセスの詳細(スキャナと転送元)

    ヒント スキャナはソースとターゲットをスキャンし、コピーする対象を決定します。転送元は実際のコピーを行います。ネットアップの担当者は、これらの構成の詳細を使用して、パフォーマンスを最適化するための推奨アクションを提示することが
手順
  1. [ * 同期 ] > [ データブローカーの管理 * ] をクリックします。

  2. をクリックします グループ内のデータブローカーのリストを展開できるボタンのスクリーンショット。 をクリックして、グループ内のデータブローカーのリストを展開します。

  3. をクリックします データブローカーの詳細を展開できるボタンのスクリーンショット。 をクリックしてください。

    データブローカーに関する情報のスクリーンショット。

データブローカーをグループから削除

データブローカーが不要になった場合や初期導入に失敗した場合は、グループから削除することができます。この操作では、データブローカーが Cloud Sync のレコードから削除されます。データブローカーとその他のクラウドリソースについては、手動で削除する必要があります。

知っておくべきこと
  • グループから最後のデータブローカーを削除すると、 Cloud Sync によってグループが削除されます。

  • グループを使用している関係がある場合、そのグループから最後のデータブローカーを削除することはできません。

手順
  1. [ * 同期 ] > [ データブローカーの管理 * ] をクリックします。

  2. をクリックします グループ内のデータブローカーのリストを展開できるボタンのスクリーンショット。 をクリックして、グループ内のデータブローカーのリストを展開します。

  3. データブローカーのアクションメニューをクリックし、 * データブローカーの削除 * を選択します。

    個々のデータブローカーグループごとに使用可能なアクションメニューのスクリーンショット。

  4. [ データブローカーの削除 ] をクリックします。

Cloud Sync がデータブローカーをグループから削除

グループの名前を編集します

データブローカーグループの名前は、いつでも変更できます。

手順
  1. [ * 同期 ] > [ データブローカーの管理 * ] をクリックします。

  2. アクションメニューをクリックし、 * グループ名の編集 * を選択します。

    グループ内の個々のデータブローカーで使用可能なアクションメニューのスクリーンショット。

  3. 新しい名前を入力し、 * 保存 * をクリックします。

Cloud Sync によってデータブローカーグループの名前が更新されます。

データブローカーの問題に対処

Cloud Sync では、問題のトラブルシューティングに役立つ各データブローカーのステータスが表示されます。

手順
  1. ステータスが「 Unknown 」または「 Failed 」のデータブローカーを特定します。

  2. の上にカーソルを置きます アイコンをクリックして失敗の理由を確認してください。

  3. 問題を修正します。

    たとえば、オフラインのデータブローカーを再起動するだけで、初期導入に失敗した場合はデータブローカーの削除が必要になることがあります。

データブローカーグループのユニファイド構成を定義する

同期プロセス中に同期関係でエラーが発生した場合は、データブローカーグループの同時実行を統合すると、同期エラーの数を減らすことができます。グループの設定を変更すると、転送速度が遅くなるため、パフォーマンスに影響する可能性があります。

自分で設定を変更することはお勧めしません。設定を変更するタイミングと変更方法については、ネットアップに相談してください。

手順
  1. [ * データブローカーの管理 * ] をクリックします。

  2. データブローカーグループの [ 設定 ] アイコンをクリックします。

    データブローカーグループの設定アイコンを示すスクリーンショット。

  3. 必要に応じて設定を変更し、 * Unify Configuration* をクリックします。

    次の点に注意してください。

    • 変更する設定を選択できます。 4 つすべてを一度に変更する必要はありません。

    • 新しい構成がデータブローカーに送信されると、データブローカーは自動的に再起動し、新しい構成を使用します。

    • 変更が反映されて Cloud Sync インターフェイスに表示されるまで、 1 分程度かかる場合があります。

    • データブローカーが実行されていないと、 Cloud Sync がデータブローカーと通信できないため、設定が変更されません。データブローカーが再起動すると設定が変更されます。

    • ユニファイド構成を設定すると、新しいデータブローカーでは自動的に新しい構成が使用されます。