日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

レポートを作成および表示して、設定を調整します

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

レポートを作成して表示すると、ネットアップの担当者が支援する情報を入手して、データブローカーの設定を調整し、パフォーマンスを向上させることができます。

各レポートには、同期関係にあるパスに関する詳細情報が表示されます。たとえば、ファイルシステムのレポートには、ディレクトリとファイルの数、ファイルサイズの分布、ディレクトリの深さと幅などが表示されます。

レポートの作成

レポートを作成するたびに、 Cloud Sync はパスをスキャンし、レポートに詳細をコンパイルします。

手順
  1. [ * 同期 > レポート * ] をクリックします。

    同期関係のそれぞれのパス(ソースまたはターゲット)が表形式で表示されます。

  2. [ * レポートアクション * ( * Reports Actions * ) ] 列で、特定のパスに移動して [ * 作成 * ( * Create * ) ] をクリックするか、アクションメニューをクリックして [ * 新規作成 * ( * Create New * ) ] を選択します。

  3. レポートの準備ができたら、アクションメニューをクリックして * 表示 * を選択します。

    ファイルシステムパスのサンプルレポートを次に示します。

    同期アイテムの量、ファイルサイズ、最大値、アクセス時間、変更時間、および変更時間を表示するレポート。

    次に、オブジェクトストレージに関するレポートの例を示します。

    パス項目数、オブジェクトサイズ、変更時刻、およびストレージクラスを表示するレポート。

レポートエラーの表示

Paths テーブルは、最新のレポートにエラーがあるかどうかを示します。エラーは、 Cloud Sync がパスのスキャン時に直面した問題を示します。

たとえば、レポートに権限拒否エラーが含まれている場合があります。このようなエラーは、 Cloud Sync が一連のファイルおよびディレクトリ全体をスキャンする機能に影響を及ぼす可能性があります。

エラーのリストを確認したら、問題に対処してからレポートを再実行できます。

手順
  1. [ * 同期 > レポート * ] をクリックします。

  2. [ エラー *] 列で、レポートにエラーがあるかどうかを確認します。

  3. エラーがある場合は、エラーの数の横にある矢印をクリックします。

    "エラーの数を示す [Paths テーブルのスクリーンショット。 [Errors] 列にはクリック可能な小さな矢印が表示されています。"]

  4. エラーの情報を使用して、問題を修正します。

    問題を解決すると、次回レポートを実行したときにエラーが表示されなくなります。

レポートの削除

修正したエラーが含まれているレポートや、削除した同期関係に関連するレポートを削除することができます。

手順
  1. [ * 同期 > レポート * ] をクリックします。

  2. [ * レポートアクション * ( * Reports Actions * ) ] 列で、パスのアクションメニューをクリックし、 [ * 最後のレポートを削除( * Delete last report ) ] または [ * すべてのレポートを削除( * Delete all reports ) ] を選択します。

  3. レポートを削除することを確認します。