日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Sync のクイックスタート

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

Cloud Sync サービスを開始するには、いくつかの手順を実行します。

ソースとターゲットを準備します

ソースとターゲットがサポートされ、セットアップされていることを確認します。最も重要な要件は、データブローカーとソースとターゲットの間の接続を確認することです。 "詳細はこちら。"

ネットアップデータブローカーの設置場所を準備します

ネットアップのデータブローカーソフトウェアは、ソースからターゲットへデータを同期します(これを「 a_sync relationship_ 」と呼びます)。データブローカーは、 AWS 、 Azure 、 Google クラウドプラットフォーム、または社内で実行できます。データブローカーが Cloud Sync サービスと通信し、他のいくつかのサービスやリポジトリと通信できるように、ポート 443 を介したアウトバウンドインターネット接続が必要です。 "エンドポイントのリストを表示します。"

Cloud Sync では、同期関係を作成する際のインストールプロセスをガイドします。同期関係を作成すると、クラウドにデータブローカーを導入したり、独自の Linux ホスト用のインストールスクリプトをダウンロードしたりできます。

最初の同期関係を作成します

にログインします "クラウドマネージャ"をクリックし、 * 同期 * をクリックして、ソースとターゲットの選択をドラッグアンドドロップします。プロンプトに従ってセットアップを完了します。 "詳細はこちら。"

無料トライアルが終了したら、同期関係の料金をお支払いください

AWS または Azure から従量課金制または年間の支払いを申し込むことができます。または、ネットアップから直接ライセンスを購入することもできます。Cloud Sync のライセンス設定ページに移動して設定します。 "詳細はこちら。"