日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネットワークのレイテンシとスループットのパフォーマンスを測定します

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

クラウドパフォーマンステストを実行して、データ階層化の設定前後における、 ONTAP クラスタからオブジェクトストアへのネットワークレイテンシとスループットパフォーマンスを測定します。また、発生した障害も特定します。

パフォーマンス結果の例を次に示します。

クラウドのパフォーマンステストの結果を示すスクリーンショット。

クラスタの CPU 利用率が 50% を超えていないときは、このチェックを実行することを推奨します。

が設定されていないクラスタの手順 階層化
  1. Cloud Manager の上部で、 * Tiering * をクリックします。

  2. クラスタダッシュボード * で、クラスタのメニューアイコンをクリックし、 * クラウドパフォーマンステスト * を選択します。

  3. 詳細を確認し、 [* Continue (続行) ] をクリックします。

  4. プロンプトに従って、必要な情報を入力します。

    入力する必要がある情報は、クラスタで階層化を設定する場合と同じです。

  5. 必要に応じて、 Tier Volumes (ティアボリューム)ウィザードに進み、セットアップを完了します。

用にセットアップされたクラスタに対しての手順 階層化
  1. Cloud Manager の上部で、 * Tiering * をクリックします。

  2. クラスタダッシュボード * で、クラスタのメニューアイコンをクリックし、 * クラウドパフォーマンステスト * を選択します。

  3. ドロップダウンリストからノードを選択します。

  4. 結果を表示するか、パフォーマンスを再確認してください。