これは以前のバージョンの Cloud Manager 用ドキュメントです。
最新版のドキュメントを参照してください。
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

プロキシサーバを使用するように Cloud Manager を設定しています

寄稿者 netapp-bcammett

Cloud Manager を初めて導入するときに、システムにインターネットアクセスがない場合は、プロキシサーバの入力を求めるプロンプトが表示されます。また、 Cloud Manager の設定からプロキシを手動で入力および変更することもできます。

インターネットへのすべての HTTP 通信にプロキシサーバを使用するように社内ポリシーで指示されている場合は、そのプロキシサーバを使用するように Cloud Manager を設定する必要があります。プロキシサーバは、クラウドまたはネットワークに配置できます。

プロキシサーバを使用するように Cloud Manager を設定すると、 Cloud Manager 、 Cloud Volumes ONTAP 、および HA Mediator はすべてプロキシサーバを使用します。

手順
  1. Cloud Manager コンソールの右上にあるタスクドロップダウンリストをクリックし、 * Settings * を選択します。

  2. HTTP プロキシで、構文を使用してサーバを入力します http://address:port[]をクリックして、サーバーの基本認証が必要な場合はユーザー名とパスワードを指定し、 * 保存 * をクリックします。

    注記 Cloud Manager では、 @ 文字を含むパスワードはサポートされていません。

プロキシサーバを指定すると、 AutoSupport メッセージの送信時にプロキシサーバを使用するように、新しい Cloud Volumes ONTAP システムが自動的に設定されます。ユーザが Cloud Volumes ONTAP システムを作成する前にプロキシサーバを指定しない場合は、 System Manager を使用して、各システムの AutoSupport オプションでプロキシサーバを手動で設定する必要があります。