これは以前のバージョンの Cloud Manager 用ドキュメントです。
最新版のドキュメントを参照してください。
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AWS での Cloud Volumes ONTAP での Flash Cache の有効化

一部の EC2 インスタンスタイプにはローカルの NVMe ストレージが含まれており、 Cloud Volumes ONTAP はこのストレージを _Flash Cache _ として使用します。Flash Cache は、最近読み取られたユーザデータとネットアップのメタデータをリアルタイムでインテリジェントにキャッシングすることで、データへのアクセスを高速化します。データベース、 E メール、ファイルサービスなど、ランダムリードが大量に発生するワークロードに効果的です。

注記 再起動後のキャッシュの再ウォームアップは、 Cloud Volumes ONTAP ではサポートされていません。
手順
  1. Premium ライセンスと BYOL ライセンスで使用できる EC2 インスタンスタイプを 1 つ選択します。

    • c5d.csi

    • c5d.9xlarge

    • r5d.2xlarge

  2. すべてのボリュームで圧縮を無効にします。

    Flash Cache のパフォーマンス向上を利用するには、すべてのボリュームで圧縮を無効にする必要があります。Cloud Manager からボリュームを作成するときに Storage Efficiency を使用しないようにするか、またはボリュームを作成してから実行することができます "CLI を使用してデータ圧縮を無効にします"