これは以前のバージョンの Cloud Manager 用ドキュメントです。
最新版のドキュメントを参照してください。
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp ボリューム暗号化によるボリュームの暗号化

NetApp Volume Encryption ( NVE )は、一度に 1 ボリュームずつ保管データを暗号化するためのソフトウェアベースのテクノロジです。データ、 Snapshot コピー、およびメタデータが暗号化されます。データへのアクセスには、ボリュームごとに 1 つずつ、一意の XTS-AES-256 キーを使用します。

現時点で、 Cloud Volumes ONTAP は外部キー管理サーバを使用した NetApp Volume Encryption をサポートしています。オンボードキーマネージャはサポートされていません。

ONTAP CLI から NetApp Volume Encryption をセットアップする必要があります。その後、 CLI または System Manager を使用して、特定のボリュームで暗号化を有効にできます。Cloud Manager のユーザインターフェイスと API では、 NetApp Volume Encryption がサポートされていません。

手順
  1. でサポートされているキー管理ツールのリストを確認します "NetApp Interoperability Matrix Tool で確認できます"

    ヒント Key Managers * ソリューションを検索します。
  2. "Cloud Volumes ONTAP CLI に接続します"

  3. Cloud Volumes ONTAP システムに NetApp Volume Encryption ライセンスをインストールします。

  4. SSL 証明書をインストールして、外部キー管理サーバに接続します。

  5. CLI または System Manager を使用して、暗号化された新しいボリュームを作成するか、暗号化されていない既存のボリュームを変換します。