日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クォータに関する考慮事項

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

「構成の適用」(カットオーバー前)が読み取り専用モードと読み取り / 書き込みモードで実行される場合、クォータがどのように移行されるかを理解しておく必要があります。

カットオーバー前フェーズ中、クォータは次のように適用されます。

  • 読み取り専用モード

    ONTAP システムにおけるカットオーバー前の読み取り専用モードでは、クォータは適用されません。クォータが適用されるのはストレージカットオーバーフェーズ中のみです。

  • 読み取り / 書き込みモード

    ONTAP システムにおけるカットオーバー前の読み取り / 書き込みモードでは、 ONTAP でクォータをテストできるようにクォータが適用されます。ただし、クォータは ONTAP ボリュームの再同期中(テスト完了後)に削除されます。クォータは、ストレージカットオーバーフェーズ中に再度適用されます。