日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAN ボリュームを移行する際のスペースに関する考慮事項

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

移行中にボリュームに十分なスペースを確保する必要があります。移行プロセスでは、データや Snapshot コピーの格納に必要なスペースに加えて、一部のファイルシステムメタデータの更新用に 1 つの LUN につき 1MB のスペースが必要です。

カットオーバーの前に、 7-Mode ボリュームに対して「 d f -h 」コマンドを実行して、ボリューム内の各 LUN に 1MB の空きスペースがあるかどうかを確認できます。また、最終カットオーバーまでにボリュームへの書き込みが予想されるデータ量に相当する空きスペースも必要です。十分な空きスペースがない場合は、必要なスペースを 7-Mode ボリュームに追加する必要があります。

デスティネーションボリュームのスペースが不足しているために LUN の移行が失敗した場合は、「 LUN.vol.proc.fail.no.space: : Processing for LUNs in volume vol1 failed due to lack of space. 」という EMS メッセージが生成されます。

この場合は ' デスティネーション・ボリュームで 'filesys-size-fixed 属性を false に設定し ' ボリュームに LUN 1 つあたり 1MB の空きスペースを追加する必要があります

スペースリザーブ LUN を含むボリュームがある場合は、ボリュームのサイズを LUN 1 つあたり 1MB 増やしてもスペースが十分に確保されない可能性があります。この場合、ボリュームの Snapshot リザーブと同じサイズのスペースを追加する必要があります。デスティネーション・ボリュームにスペースを追加したら、「 lun transition start 」コマンドを使用して LUN を移行できます。

  • 関連情報 *