日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapLock Compliance ボリュームの移行に関する考慮事項

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

7-Mode Transition Tool では、スタンドアロンの SnapLock Compliance ボリュームおよび SnapMirror 関係にある SnapLock Compliance ボリュームの移行がサポートされます。

スタンドアロンの SnapLock Compliance ボリュームを移行するワークフローは、 FlexVol ボリュームを移行する場合と同じです。

SnapLock Compliance ボリュームの SnapMirror 関係は、 7-Mode Transition Tool で移行することはできません。プライマリとセカンダリの SnapLock Compliance ボリュームをスタンドアロンボリュームとして移行し、手動で関係を再同期する必要があります。

スタンドアロン、プライマリ、およびセカンダリのプロジェクトに SnapLock Compliance ボリューム(スタンドアロンボリュームと SnapMirror 関係にあるボリュームの両方)をスタンドアロンボリュームとして含めることができます。

SnapLock Compliance ボリュームが含まれているプロジェクトでは、カットオーバー前読み取り / 書き込みモードはサポートされません。SnapLock Compliance ボリュームと非 SnapLock Compliance ボリュームで別々のプロジェクトを作成することを推奨します。これは、 SnapLock Compliance ボリュームがプロジェクトに含まれている場合、カットオーバー前読み取り / 書き込みモードがサポートされないためです。

選択したボリュームが SnapLock Compliance ボリュームで、かつ SnapMirror 関係のデスティネーションである場合、カットオーバー処理の実行中に、 7-Mode ボリュームと ONTAP ボリュームの間の SnapMirror 関係は解除されることなく削除されます。これにより、セカンダリ ONTAP SnapLock Compliance ボリュームは読み取り専用モードのままとなります。プライマリとセカンダリの SnapLock Compliance ボリューム間の再同期処理が成功するためには、セカンダリ ONTAP SnapLock Compliance ボリュームが読み取り専用モードになっている必要があります。