日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

さまざまなシナリオを使用してプロジェクトのボリュームを選択します

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

プロジェクトの構成を適切に計画し、 1 回の処理で移行する 7-Mode ボリュームを決めておくと、アプリケーションのダウンタイムを最小限に抑えることができます。いくつかのシナリオ例について理解しておくと、実際の環境でプロジェクトを作成する際に役立ちます。

双方向の SnapMirror 関係

双方向の SnapMirror 関係を移行するには、ボリュームごとに移行プロジェクトを作成する必要があります。

たとえば、次の図のように、システム 1 の vf1 : vol1 (プライマリ)とシステム 2 の vf2 : vol1 (セカンダリ)の間に Volume SnapMirror 関係が存在するとします。同様に、システム 2 の vf2 : vol2 (プライマリ)とシステム 1 の vf1 : vol2 (セカンダリ)の間にもう 1 つの Volume SnapMirror 関係が存在します。

双方向に移行します

ボリューム vf1 : vol1 と vf1 : vol2 を 1 つの移行プロジェクトで関連付けることはできません。同様に、ボリューム vf2 : vol1 と vf2 : vol2 を 1 つの移行プロジェクトで関連付けることもできません。Volume SnapMirror 関係を移行するには、ボリュームごとに個別の移行プロジェクトを作成する必要があります。

CIFS 構成のボリューム

CIFS 構成を含むボリュームは、 CIFS に関するすべての構成が漏れなく SVM に移行されるよう、 1 つのプロジェクトにまとめる必要があります。

たとえば、 7-Mode システム内または vFiler ユニット内の 10 個のボリュームに、 CIFS 共有、ホームディレクトリ検索パス、および監査構成が設定されている場合は、 10 個のボリュームを 1 つのプロジェクトで移行する必要があります。これにより、移行後にすべてのボリュームと CIFS 構成が SVM に適用されます。

1 つのプライマリボリュームと複数のセカンダリボリュームの間の SnapMirror 関係

1 つのプライマリボリュームと複数のセカンダリボリュームの間に SnapMirror 関係があり、すべてのセカンダリボリュームが同じ 7-Mode コントローラ上にある場合は、すべてのセカンダリボリュームを 1 つのセカンダリプロジェクトにまとめ、そのプロジェクトですべてのセカンダリボリュームを移行することができます。その後、プライマリプロジェクトを作成してプライマリボリュームを移行し、 SnapMirror の移行を完了します。