日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapMirror 更新をオンデマンドで実行

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

カットオーバー処理の前にすべてのボリュームに対して SnapMirror 差分更新を実行し、カットオーバーにかかる時間を短縮できます。

  • ベースラインデータコピーのあと、およびカットオーバー前処理のあとに差分データ転送がスケジュールされている場合は、 SnapMirror 更新をオンデマンドで実行できません。

  • これはオプションのタスクです。

    1. Update Now * をクリックして、 SnapMirror の手動更新を実行します。

      Transition Update (移行の更新)ダイアログボックスが表示され、この処理の SnapMirror 転送数およびスロットル制限を選択できます。

    2. SnapMirror データコピー処理の数とスロットル制限を指定するには、「この処理の同時 SnapMirror 転送数とスロットル制限をカスタマイズする」チェックボックスを選択します。

      1. 移行中に実行する SnapMirror 同時転送の最大数を入力します。

      2. ツールが SnapMirror 転送に使用できる使用可能なストリームの割合を入力します。

        デフォルトでは、実行可能な Volume SnapMirror 転送の 50% が使用されます。

      3. スロットル制限を入力して、最大帯域幅を指定します。

        デフォルトでは、構成の移行には最大スロットルが使用されます。

    3. [* Continue (続行) ] をクリックします

  • 関連情報 *