日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP 8.3 以降のサポートされるリリースに移行する準備をしています

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

ONTAP 8.3 以降では、 32 ビットのアグリゲート、ボリューム、および Snapshot コピーがサポートされません。そのため、 32 ビットのアグリゲートを 64 ビットに拡張してから、 32 ビットのボリュームおよび Snapshot コピーを見つけて 7-Mode システムから削除したうえで、移行を実行する必要があります。7-Mode のすべてのバージョンが 32 ビットアグリゲートの拡張と 32 ビットのボリュームおよび Snapshot コピーの削除をサポートしているわけではないため、移行の前に 7-Mode システムのアップグレードが必要になる場合があります。

clustered Data ONTAP 8.2.x では、 32 ビットのアグリゲート、ボリューム、および Snapshot コピーがサポートされます。したがって、 Data ONTAP 8.2.x を実行するターゲットクラスタには、 7-Mode システムから 32 ビットデータを移行できますただし、移行後にターゲットクラスタを ONTAP 8.3 以降のバージョンにアップグレードする必要が生じた場合は、ターゲットクラスタの既存の 32 ビットデータをすべて 64 ビット形式にアップグレードしてから、ターゲットクラスタの ONTAP バージョンをアップグレードする必要があります。

次のワークフローを使用して、移行前にアップグレードが必要かどうかを判断してください。

32 ビットアップグレードパスが更新されました
  • 関連情報 *