日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コピーフリーの移行を使用した 7-Mode アグリゲートの移行

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

Copy-Free Transition ワークフローでは、プロジェクトの計画、 SVM への 7-Mode 構成の適用、 7-Mode システム情報のエクスポートと 7-Mode システムの停止、ディスクシェルフからクラスタノードへの手動でのケーブル接続、および 7-Mode のデータと構成のインポートを実行します。

CFT フェーズのワークフローを実行

7-Mode システムとクラスタで Copy-Free Transition の準備を完了しておきます。

ストレージカットオーバーの所要時間は 4~8 時間です。カットオーバー時間には、エクスポートおよび停止処理とインポート処理の 2 つの自動処理をツールで実行するためにかかる時間と、ディスクシェルフを新しいコントローラに手動でケーブル接続するためにかかる時間が含まれます。

エクスポート処理とインポート処理には約 2 時間かかります。ケーブル接続にかかる時間は 2~6 時間です。