日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コピーフリーの移行プロジェクトの計画

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

コピーフリーの移行プロジェクトの計画では、ソースの 7-Mode コントローラとターゲットクラスタノードの選択、 Storage Virtual Machine ( SVM )への 7-Mode ボリュームのマッピング、移行対象の LIF の選択、および事前確認を実行します。

同じターゲットクラスタの HA ペアノードを使用して複数のプロジェクトを作成できます。その後、事前確認を実行し、すべてのプロジェクトに SVM 構成を適用できます。ただし、クリティカルセクション期間内に指定できるプロジェクトは一度に 1 つだけです。プロジェクトがエクスポートからコミットまでのいずれかのフェーズにある場合、またはプロジェクトに対してロールバック処理が開始されている場合は、そのプロジェクトがクリティカルセクション期間になります。クリティカルセクション期間中にプロジェクトのコミット処理またはロールバック処理が完了するまで、別のプロジェクトのエクスポートおよび停止処理を進めることはできません。