日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

移行先のターゲットクラスタノードの選択

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

ターゲットクラスタの HA ペアを選択し、 HA ペアの各 7-Mode コントローラを対応するターゲットクラスタノードにマッピングすることができます。マッピングしたノードは、対応する 7-Mode コントローラのディスクシェルフを接続する必要があるクラスタノードです。

ターゲットクラスタで Data ONTAP 8.3.2 以降が実行されている必要があります。

7-Mode ディスクシェルフは、データアグリゲートおよびボリュームがすでに存在するターゲット HA ペアに移行できます。

2 ノードクラスタの場合は、ターゲット SVM のルートボリュームをホストするデータアグリゲートが必要です。4 つ以上のノードで構成されるクラスタの場合は、 SVM のルートボリュームは移行対象のノードまたはクラスタ内のその他のノードでホストできます。

手順
  1. 7-Mode ディスクシェルフの接続先となるターゲットの HA ペアを選択します。

    各 7-Mode ストレージシステムが、ターゲットクラスタノードに自動的にマッピングされます。

    インポートフェーズ中、ディスクとアグリゲートの所有権が、各 7-Mode コントローラから対応するマッピングされたターゲットクラスタノードに転送されます。
  2. [Swap Node Mapping] をクリックして、ソースノードからターゲットノードへのマッピングの自動割り当てを変更します。

  3. [ 保存して続行 ] をクリックします。

    SVM とボリュームマッピング画面が表示されます。