日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SVM とボリュームのマッピング

寄稿者 ntap-bmegan netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

HA ペアの各 7-Mode コントローラをターゲット SVM にマッピングする必要があります。vFiler ユニットがある場合は、 vFiler ユニットごとにターゲット SVM を選択する必要があります。7-Mode コントローラまたは vFiler ユニットのボリュームは、マッピングした SVM に移行されます。

ターゲットクラスタに SVM を作成しておく必要があります。

vFiler ユニットと SVM のマッピングは 1 つだけです。他の 7-Mode コントローラまたは vFiler ユニットのボリュームを、マッピングした SVM に移行することはできません。

手順
  1. SVM とボリュームマッピングタブで、各 7-Mode コントローラまたは vFiler ユニットからボリュームを移行するターゲット SVM を選択します。

    デフォルトまたはデフォルト以外の IPspace の SVM をターゲットに指定できます。

  2. すべての SVM のボリュームに同じジャンクションパスポリシーを適用するか、または各 SVM のボリュームに別々のジャンクションパスポリシーを適用するかに応じて、次のいずれかを選択します。

    状況 作業

    すべての SVM に同じジャンクションパスポリシーを適用します

    1. [ 適用( Apply ) ] をクリックします。

    2. ジャンクションパスポリシーのオプションを選択します。

    3. [OK] をクリックします。

    各 SVM にジャンクションパスポリシーを指定します

    各ターゲット SVM のドロップダウンリストからジャンクションパスポリシーを選択します。

    ジャンクションパスポリシーでは、クライアントアクセス用にターゲットの clustered Data ONTAP ボリュームをマウントする場合に使用するパスを指定します。ジャンクションパスポリシーには次のいずれかの値を追加できます。

    • * 7-Mode マウントパスの保持 *

      ソースの 7-Mode ボリュームで使用されているのと同じジャンクションパスを維持します。移行後、ボリュームはジャンクションパス「 /vol/ source_volume_name _ 」を使用してマウントされます。

    • * clustered Data ONTAP ボリューム名を使用 *

      移行後、ターゲットの clustered Data ONTAP ボリュームはすべて、 clustered Data ONTAP ボリューム名を使用したジャンクションパス「 _ / target_volume_name _ 」を使用してマウントされます。

    • * 7-Mode ボリューム名 * を使用します

      移行後、ターゲットの clustered Data ONTAP ボリュームはすべて、 7-Mode ボリューム名を使用したジャンクションパス「 _ / source_volume_name _ 」を使用してマウントされます。

  3. をクリックします 編集アイコン をクリックして、ターゲットの clustered Data ONTAP ボリュームの名前を変更します。

    デフォルトでは、ターゲットの clustered Data ONTAP ボリュームは 7-Mode ボリュームと同じ名前です。7-Mode ボリュームと同じ名前のボリュームがすでに SVM に存在する場合、ターゲットボリュームには新しい名前が自動的に割り当てられます。

  4. マッピングされた各 SVM の * マッピングの保存 * をクリックします。

  5. 「 * 次へ * 」をクリックします。

    [ ネットワーク ] 画面が表示されます。