日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

収集と評価のコマンド

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

Inventory Collect Tool ( ICT )は、コマンドのリストを使用してインベントリ XML レポートを生成し、コントローラ、ホスト、および FC スイッチからインベントリ情報を収集します。は、これらのシステムの機能を評価します。 およびに、移行先として選択した clustered Data ONTAP バージョンでそれらの機能がどのように動作するかを示します。

ONTAP 7-Mode API

  • 「 aggr-list-info 」を参照してください

  • 「 cf-status 」

  • 「 cifs.homedir-paths-get 」を入力します

  • 「 cifs.list-config 」を使用します

  • 「 cifs.nbalias -names -get 」を入力します

  • 'cifs-share-acl-list-iter-start

  • 「 cifs.share-list-iter-start 」を指定します

  • 「 cifs -status 」

  • 「ディスクリスト情報」

  • 「 fcp -adapter-list-info 」を参照してください

  • 「 fpolicy-list-info 」を参照してください

  • 「 igroup-list-info 」と入力します

  • 「 iscsi-interface-list-info 」を参照してください

  • 「 iscsi-node-get-name 」と入力します

  • 「 license-list-info 」を参照してください

  • 「 license-v2-list-info 」を参照してください

  • 「 lun-get-comment

  • 「 lun-list-info 」と入力します

  • 「 lun-map-list-info 」を参照してください

  • 「 net-config -get-active 」と入力します

  • 「 nfs-exportfs -list-rules 」

  • 「 nfs-exportfs -list-rules-2 」

  • 「 nfs-exportfs -list-rules-2 」

  • 「 nfs-status 」をクリックします

  • 「 options -get 」を入力します

  • 「 options -list-info 」を参照してください

  • 「 qtree-list-iter-start 」を入力します

  • 'quota-list-entries-iter-start

  • 'quote-report-iter-start

  • 「あらゆる情報に対応したスタート」です

  • 's-status'

  • 「 napmirror -get-status 」のようになります

  • 「 napmirror -list-schedule 」と入力します

  • 「 napmirror -list-sync-schedule 」を参照してください

  • 「 snapshot-get-schedule 」を実行します

  • 「 snapshot-list-info 」を実行します

  • 'snapshot-volume-info'

  • 'napvault-primary-relationship-status-list-iter-start

  • 'napvault-secondary-relationship-status -list-iter-start

  • 「 nmp-status 」

  • 'storage-disk-get-iter'

  • 「利用可能なレプリケーション転送」を参照してください

  • 「 system-get-info 」

  • 「 system-get-ontapi-version 」を入力します

  • 'System - get - version'

  • useradmin -group-list

  • useradmin -role list

  • useradmin-user-list`

  • 「 vfiler-get-allowed-protocols 」と入力します

  • 「 vfiler-get-status 」を使用します

  • 「 vfiler-list-info 」を参照してください

  • 「 volume-charmap -get 」のように入力します

  • 「 volume-get-filer-info 」のように入力します

  • 「 volume-get-language 」と入力します

  • volume-list-info -iter-start

  • 「 volume-options-list-info 」を参照してください

ONTAP 7-Mode CLI

  • CIFS 共有

  • 「 IC primary show 」

  • ifconfig -a

  • ifconfig vip'

  • 'ifgrp status'

  • 「 ls $volume_path/metadir/slag 」というテキストを入力します

  • printflag wafl_smetadata_visible

  • rdffile$root_vol/etc/cifsconfig_share.cfg

  • rdfile $root_vol/etc/group

  • 「 rdfile $root_vol/etc/hosts.hosts 」という形式で保存されます

  • rdfile $root_vol/etc/krb5auto.conf

  • 「 rdfile $root_vol/etc/mcrc 」という形式になります

  • 「 rdfile $root_vol/etc/netgroup' 」という形式で指定します

  • rdfile $root_vol/etc/nsswitch.conf

  • rdfile $root_vol/etc/passwd

  • rdfile $root_vol/etc/resolv.conf

  • rdfile $root_vol/etc/snapmirror.conf

  • rdfile $root_vol/etc/symlink.translation

  • 「 rdfile $root_vol/etc/usermap.cfg 」という形式で入力します

  • rdffile$vfiler_root/etc/cifsconfig_share.cfg

  • rdfile$vfiler_roots/etc/group

  • 「 rdfile $vfiler_roots/etc/hosts 」

  • rdfile$vfiler_root/etc/krb5auto.conf

  • rdfile $vfiler_roots//etc/mcrc

  • rdfile$vfiler_roots/etc/netgroup

  • rdfile$vfiler_root/etc/nsswitch.conf

  • rdfile$vfiler_roots/etc/passwd

  • rdfile $vfiler_roots/etc/resolv.conf`

  • rdfile $vfiler_roots/etc/snapmirror.conf

  • rdfile$vfiler_roots/etc/symlink.translation

  • rdfile$vfiler_roots/etc/usermap.cfg

  • 「 RLM の状態」

  • ルートステータス

  • 'route-sn'

  • 'setflag wafl_smetadata_visible 0

  • 'setflag wafl_dmeta_visible 1'

  • SnapVault status -l

  • 「 sysconfig -a 」のようになりました

  • 「アップタイム」

  • vfiler status -a

  • 「 vlan stat 」

ONTAP 7-Mode NetApp Manageability SDK

  • 「 cluster-identity-get 」のように入力します

  • 'cluster-node-get-iter

  • 「 fcp -adapter-get-iter 」のように指定します

  • 「 fcp-initiator-get-iter 」と入力します

  • 「 fcp-interface-get-iter 」と入力します

  • 「 lun-get-iter 」

  • 「 lun-map-get-iter

  • 「 net-interface-get-iter 」の略

  • 「 system-get-node-info-iter' 」のように指定します

  • 'System - get - version'

  • 「 volume-get-iter 」のように入力します

  • 「 vserver -get-iter 」

Windows の場合

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\NetApp *

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\\Microsoft\\Windows\\CurrentVersion\\Uninstall`

  • 「 MPIO_REGISTERD_DSM 」から * を選択します

  • 「 MSCluster_Cluster から * を選択」

  • 「 MSCluster_Disk から * を選択」を参照してください

  • 「 MSCluster_Node から * を選択」を参照してください

  • 「 MSCluster_NodeToActiveResource 」から「 SELECT * 」を選択します

  • 「 MSCluster_Resource から * を選択」

  • 「 MSCluster_ResourceToDisk 」から * を選択します

  • 「 MSFC_FCAdapterHBAAttributes 」からの「 SELECT * 」を参照してください

  • 'Select* from MSFC_FibrePortHBAAttributes'

  • 「 MSiSCSI_HBAInformation 」から * を選択します

  • 「 MSiSCSIInitiator_MethodClass からの SELECT * 」を参照してください

  • 「 Win32_ComputerSystem から * を選択」

  • 'select* from Win32_DiskDrive

  • 「 Win32_OperatingSystem から * を選択」を参照してください

  • 'Select * from Win32_PnPSignedDriver where DEVICECLATS="SCSIADAPTER"`

  • 'Select * from Win32_Product' ( Win32_Product から * を選択

Linux CLI の場合

  • 子供

  • 「 cat /boot/grub/devic.map 」のようになります

  • 「 cat /etc/grub.conf 」を参照してください

  • 「 cat /etc/iscsi/initiatorname.iscsi 」のように表示されます

  • 「 ctman_tool nodes 」

  • 「 ctman_tool status 」のように入力します

  • 「 f - h 」

  • 「製造コード - システム」

  • find /etc/maxdepth 1-name*-reley-type f-print-exec Cat-V {} \;`

  • 'for file in /sys/block/sd*** ; do echo $ { file/#\/sys } ; scsi_id -p 0x80 -g -x -s $ { file/#\/sys } ; done

  • /sys/class/scsi_host/* 内のファイルの場合 ; echo を実行します ; $ { file}/* 内の ent の場合 ; echo -n "$ent:" を実行します ; if [-f "$ { ent}"] の場合 ; [-r "$ { ent}"] の場合 ; cat -v -s ${ent}2>/dev/null" を実行します。 !="0"]; エコー ; FI ; その他エコー ; fi; done ; done

  • ${file}/* に含まれるファイルの場合、 echo を実行します。 $ { file}/* に含まれる ent の場合、 echo -n "$ent:" を実行します。 [-f "$ { ent}"] の場合、 [-r "${ent}] の場合は、 cat -v -s ${ent}2>/dev/null" を実行します。 !="0"]; エコー ; FI ; その他エコー ; fi; done ; done

  • 'iscsiadm -m node

  • 「 lsb_release - a 」

  • lvdisplay -m`

  • 「マウント」

  • `rpm -qa — QF"% { name } __% { summary } % { vendor } % { PROVIDEVERSION} \n

  • 'lun fcp show adapter -v

  • 'nanlun lun lun show -pv

  • 'lun lun lun lun show -v

  • 「 anlun version 」を参照してください

  • 'a_version

  • 「 fdisk -us-l`

  • uname -a

  • vxclustadm nidmap

  • vxclustadm -v nodestate

VMware CLI

  • 「 esxcfg-info -a -F XML 」を参照してください

  • esxcfg-mpath -l

  • esxcfg-scsidevs-a

  • esxcfg-scsidevs-l`

  • esxcli software vib get `

  • 'find /proc/scsi-type f| 読み込み中 ; echo $line] ; cat $line ; done を実行します

  • 'a_version

  • uname -m

  • uname -n

  • /usr/lib/vmware/vmkmgmt_keyval/vmkmgmt_keyval -a

  • /usr/lib/vmware/vm-support /bin/dump-vmdk-rdm-info.sh $vm_paths

  • 「 vim-cmd/vmsvc/getallvms 」を参照してください

  • 「 vim-cmd vmsvc/snapshot.get $vm_ids 」を参照してください

  • vmkload_mod -s nmp

  • 「 vmware -l 」と入力します

  • 「 VMware-V 」を参照してください

Cisco CLI

  • 'How fcdomain domain-list

  • 'How flogi database'

  • 'how switchname

  • 'how version (バージョンの表示) '

  • 'How VSAN' ( VSAN の仕組み

  • 'how zoneset`

  • 「ゾーンセットのアクティブ化」

  • uname -m

  • nsshow`

  • 'witchshow'

  • 「バージョン」

  • 「ゾーン」

  • 「 vim-cmd vmsvc/snapshot.get $vm_ids 」を参照してください

  • vmkload_mod -s nmp

  • 「 vmware -l 」と入力します

  • 「 VMware-V 」を参照してください

Brocade CLI

  • nsshow`

  • 'witchshow'

  • 「バージョン」

  • 「ゾーン」