日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FC ゾーン計画の生成

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

Data ONTAP システム、ホスト、および FC スイッチに関する情報を収集したあと、 FC ゾーン計画を生成できます。これは、移行後にクラスタ内のスイッチを構成するために使用します。

  • 7-Mode システム、ホスト、およびクラスタがスイッチに接続されている必要があります。

  • クラスタ、 SVM 、 FCP LIF 、およびスイッチに関する情報が収集されている必要があります。

    クラスタは、 7-Mode システムと同じスイッチに接続することも、同じファブリック内の新しいスイッチに接続することもできます。

手順
  1. CLI で、 ICT ディレクトリに移動します。

  2. CLI から FC ゾーン計画を生成します。

    「 * ict --cmd generate-fc-zones — source-filer_7-Mode_7mode-ip1 、 7mode-ip2_-dest -svm_cluster-name : vserver-name _ -fc-switche_name : vsan-id1 、 vsan-id2_mode_cdc_switch_inventory.xml *

    Cisco スイッチの VSAN ID を入力する必要があります。

    ...bin\ict>ict --cmd generate-fc-zones --source-filers system1,system2 --dest-svm vs1:fc_zone1
     --fc-switches brocade-1,brocade-2 7mode_cdot_switch_inventory.xml

    FC ゾーン計画には、 7-Mode システムの igroup 構成ごとに作成されたゾーンが含まれています。各ゾーンには、イニシエータの WWPN が 1 つと SVM ターゲットの WWPN が複数含まれています。

コピーベースの移行では、カットオーバー前に読み取り / 書き込みモードでテスト用ホストを使用してクラスタ構成を検証するとき、またはカットオーバーフェーズ後にクラスタからイニシエータホストへのデータアクセスを提供するときに、 FC ゾーン計画を使用してゾーンを構成できます。

コピーフリーの移行では、構成の適用フェーズでクラスタからのデータアクセスを提供するために、 FC ゾーン計画を使用してゾーンを構成し、イニシエータホストとターゲットをグループ化する必要があります。