日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ESXi ホスト移行時の構成の適用(カットオーバー前)フェーズにおけるダウンタイム

寄稿者 netapp-barbe netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

ESXi ホストを移行する場合、構成の適用(カットオーバー前)フェーズにおけるダウンタイムを計画する必要があります。

ESXi ホストの移行の前提条件を完了したら、 7-Mode Transition Tool ( 7MTT )を使用して Data ONTAP 7-Mode から ONTAP に LUN を移行できます。ESXi ホスト、 VM 、およびアプリケーションは、 7MTT の移行の構成の適用(カットオーバー前)フェーズまではオンラインのままにすることができます。ただし、構成の適用(カットオーバー前)フェーズでは、すべてのアプリケーションとゲストオペレーティングシステムの電源をオフにする必要があります。ESXi ホストが SAN ブートの場合、または SAN ブート LUN が移行に含まれている場合は、構成の適用(カットオーバー前)フェーズで ESXi ホストの電源もオフにする必要があります。

ホストが SAN ブートではなく、移行対象でない LUN またはネットアップ以外のアレイ LUN に対してサービスを継続する必要がある場合は、ホストをシャットダウンする必要はありません。ただし、ホストをシャットダウンしないと、 All-Paths-Down ( APD )状態になる可能性があります。APD 状態を回避するには、 Data ONTAP 7-Mode LUN をマスクします。を参照してください "VMware ナレッジベース ID 1009449" を参照してください。