日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

移行後の Solaris Volume Manager を搭載した Solaris ホスト LUN のマウント

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

Solaris Volume Manager を搭載した Solaris ホスト LUN を ONTAP 7-Mode から clustered ONTAP に移行した場合、移行後に LUN をマウントする必要があります。

コピーベースの移行の場合は、 7-Mode Transition Tool ( 7MTT )でストレージカットオーバー処理を完了したあとに以下の手順を実行します。

コピーフリーの移行の場合は、 7MTT でデータと設定のインポート処理が完了したあとに以下の手順を実行します。

手順
  1. ホストを再スキャンして、新しい clustered ONTAP LUN を検出します。

    1. FC ホストポート( fc-fabric タイプ)を特定します: +#cfgadm_– l_

    2. 最初の fc-fabric ポートの設定を解除します :+#cfgadm – c unconfigure c1

    3. 2 番目の fc-fabric ポートの設定を解除します :+#cfgadm – c unconfigure c2

    4. 他の fc-fabric ポートについても上記の手順を繰り返します。

    5. ホストポートとその接続デバイスを確認します +#cfgadm_– al_

    6. ドライバ +#devfsadm – CV を再ロードします

      #devfsadm – i iSCSI

  2. clustered ONTAP LUN が検出されたことを確認します。

    「 * sanlun lun show * 」と表示されます

    • clustered ONTAP LUN の「 lun-pathname 」の値は、移行前の 7-Mode LUN の「 lun-pathname 」の値と同じになります。

    • 「モード」列には、「 7 」ではなく「 C 」が表示されます。

    # sanlun lun show
    controller(7mode)/                    device                                            host                  lun
    vserver(Cmode)       lun-pathname     filename                                          adapter    protocol   size    mode
    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    vs_sru17_5           /vol/zfs/zfs2    /dev/rdsk/c5t600A0980383030444D2B466542485935d0s2 scsi_vhci0 FCP        6g      C
    vs_sru17_5           /vol/zfs/zfs1    /dev/rdsk/c5t600A0980383030444D2B466542485934d0s2 scsi_vhci0 FCP        6g      C
    vs_sru17_5           /vol/ufs/ufs2    /dev/rdsk/c5t600A0980383030444D2B466542485937d0s2 scsi_vhci0 FCP        5g      C
    vs_sru17_5           /vol/ufs/ufs1    /dev/rdsk/c5t600A0980383030444D2B466542485936d0s2 scsi_vhci0 FCP        5g      C
  3. 同じディスクセット名を使用して ' ディスクセットを既存の Solaris Volume Manager 構成にインポートします

    'metaimport-s_set-name_

    # metaimport -s svm
    Drives in regular diskset including disk c0t60A98000383035356C2447384D39654Ad0:
      c0t60A98000383035356C2447384D39654Ad0
      c0t60A98000383035356C2447384D396548d0
    More info:
      metaimport -r -v c0t60A98000383035356C2447384D39654Ad0
    
    # metastat -s svm
    svm/d2: Concat/Stripe
        Size: 10452992 blocks (5.0 GB)
        Stripe 0:
            Device                                             Start Block  Dbase   Reloc
            /dev/dsk/c0t60A98000383035356C2447384D396548d0s0          0     No      Yes
    
    svm/d1: Concat/Stripe
        Size: 10452992 blocks (5.0 GB)
        Stripe 0:
            Device                                             Start Block  Dbase   Reloc
            /dev/dsk/c0t60A98000383035356C2447384D39654Ad0s0          0     No      Yes
    
    Device Relocation Information:
    Device                                           Reloc  Device ID
    /dev/dsk/c0t60A98000383035356C2447384D396548d0   Yes    id1,sd@n60a98000383035356c2447384d396548
    /dev/dsk/c0t60A98000383035356C2447384D39654Ad0   Yes    id1,sd@n60a98000383035356c2447384d39654a
  4. ファイルシステムのチェックを実行します。

    'fsck -F ufs/dev/md/SVM/rdsk/d1

    # fsck -F ufs /dev/md/svm/rdsk/d1
    ** /dev/md/svm/rdsk/d1
    ** Last Mounted on /d1
    ** Phase 1 - Check Blocks and Sizes
    ** Phase 2 - Check Pathnames
    ** Phase 3a - Check Connectivity
    ** Phase 3b - Verify Shadows/ACLs
    ** Phase 4 - Check Reference Counts
    ** Phase 5 - Check Cylinder Groups
    3 files, 1573649 used, 3568109 free (13 frags, 446012 blocks, 0.0% fragmentation)
  5. 「 mount 」コマンドを使用して、各デバイスを手動でマウントします。

    # /sbin/mount -F ufs -o largefiles /dev/md/svm/dsk/d1  /d1
      # /sbin/mount -F ufs -o largefiles /dev/md/svm/dsk/d2  /d2
  6. マウントポイントを確認します。

    「 * df -ah * 」と入力します