日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

HP-UX ホストデータ LUN 移行時のカットオーバーフェーズの準備 ファイルシステムで実現できます

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

ファイルシステムを搭載した HP ホストデータ LUN を Data ONTAP 7-Mode から clustered Data ONTAP に移行する場合は、カットオーバーフェーズを開始する前に特定の手順を実行する必要があります。

FC 構成を使用している場合は、 clustered Data ONTAP ノードへのファブリック接続とゾーニングを確立する必要があります。

iSCSI 構成を使用している場合は、 clustered Data ONTAP ノードへの iSCSI セッションを検出して、ログインする必要があります。

コピーベースの移行の場合は、 7-Mode Transition Tool ( 7MTT )でストレージカットオーバー処理を完了したあとに以下の手順を実行します。HP-UX ホストでは、コピーフリーの移行はサポートされていません。

手順
  1. すべてのマウントポイントで I/O を停止します。

  2. アプリケーションベンダーの推奨事項に従って、 LUN にアクセスしている各アプリケーションをシャットダウンします。

  3. すべてのマウントポイントをアンマウントします。

    'umount_mount_point_

  4. ボリュームグループをエクスポートし、ボリュームグループの VGID と論理ボリュームをマップファイルに書き込みます。

    *vgexport -p-s -m /tmp/mapfile.vg01 vg01 *`

  5. mapfilevg01 ファイルのバックアップコピーを外部ソースに作成します

  6. ボリュームグループを無効にします。

    vgchange-a n_vg_name_

  7. ボリュームグループをエクスポートします。

    'vgexport_vg_name_

  8. ボリュームグループがエクスポートされたことを確認します。

    'vgdisplay'

    エクスポートされたボリュームグループ情報は出力に表示されません。