日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Linux ホストファイルシステム移行時のカットオーバーフェーズの準備 LVM デバイス

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

論理ボリュームマネージャ( LVM )デバイス上の Linux ホストファイルシステムを移行する場合は、カットオーバーフェーズの前にいくつかの手順を実行する必要があります。

  • FC 構成の場合は、 clustered Data ONTAP コントローラへのファブリック接続とゾーニングが必要です。

  • iSCSI 構成の場合は、 iSCSI セッションを検出し、 clustered Data ONTAP コントローラにログインする必要があります。

  • 次の移行前の情報を _ Inventory Assessment Workbook から収集しておく必要があります。

    • LVM で使用されている DMMP デバイス名

    • ボリュームグループの名前

    • 論理ボリューム名

    • 論理ボリュームデバイスに設定されているファイルシステム

    • 論理ボリュームがマウントされているディレクトリ

  • コピーベースの移行の場合は、 7-Mode Transition Tool ( 7MTT )でストレージカットオーバー処理を開始する前に以下の手順を実行します。

  • コピーフリーの移行の場合は、 7MTT で 7-Mode のエクスポートおよび停止処理を開始する前に以下の手順を実行します。

手順
  1. LV マウントポイントへの I/O を停止します。

  2. アプリケーションベンダーの推奨事項に従って、 LUN にアクセスしているアプリケーションをシャットダウンします。

  3. LV マウントポイントをアンマウントします。

    'umount_dir_name_

  4. 論理ボリュームを無効にします。

    'vgchange-an vg_name'

  5. 論理ボリュームのステータスを確認します。

    lvdisplay_dir_name_

    ステータスが「利用不可」と表示されるはずです。

  6. ボリュームグループをエクスポートします。

    'vgexport_vg_name_

  7. VG のステータスを確認します。

    vgdisplay_vg_name_`

    VG のステータスには「 exported 」と表示されます。

  8. 7-Mode の DMMP デバイス ID をフラッシュします。

    'multipath-f_device_name _

    • 関連情報 *