日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Solaris ホストデータ LUN 移行時のカットオーバーフェーズの準備 ZFS ファイルシステムでは

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

ZFS ファイルシステムを搭載した Solaris ホストデータ LUN を Data ONTAP 7-Mode から clustered Data ONTAP に移行する場合は、カットオーバーフェーズを開始する前に特定の手順を実行する必要があります。

FC 構成を使用している場合は、 clustered Data ONTAP ノードへのファブリック接続とゾーニングを確立する必要があります。

iSCSI 構成を使用している場合は、 clustered Data ONTAP ノードへの iSCSI セッションを検出して、ログインする必要があります。

コピーベースの移行の場合は、 7-Mode Transition Tool ( 7MTT )でストレージカットオーバー処理を開始する前に以下の手順を実行します。

コピーフリーの移行の場合は、 7MTT で 7-Mode のエクスポートおよび停止処理を開始する前に以下の手順を実行します。

手順
  1. すべてのマウントポイントで I/O を停止します。

  2. アプリケーションベンダーの推奨事項に従って、 LUN にアクセスしている各アプリケーションをシャットダウンします。

  3. zpool をエクスポートします。

    'zpool export_pool-name_

    # zpool export n_pool
  4. zpool がエクスポートされたことを確認します。

    • 次のコマンドを実行して、エクスポートした zpool が表示されることを確認します。 +zpool import

    • エクスポートした zpool が表示されないようにします :+zpool list

    # zpool export n_pool
    
    # zpool list
    no pools available
    
    # zpool import
      pool: n_pool
        id: 5049703405981005579
     state: ONLINE
    action: The pool can be imported using its name or numeric identifier.
    config:
    
            n_pool                                   ONLINE
              c0t60A98000383035356C2447384D396550d0  ONLINE
              c0t60A98000383035356C2447384D39654Ed0  ONLINE