日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Linux ゲスト OS での移行準備

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

7-Mode LUN が物理互換 RDM ( PTRDM )としてブートデバイス用の Linux 仮想マシン( VM )にマッピングされている場合は、 Linux VM で移行準備のための手順を実行する必要があります。

  • コピーベースの移行の場合は、 7-Mode Transition Tool ( 7MTT )でストレージカットオーバー処理を開始する前に以下の手順を実行します。

  • コピーフリーの移行の場合は、 7MTT で 7-Mode システムのエクスポートおよび停止処理を開始する前に以下の手順を実行します。

手順
  1. SCSI デバイスのシリアル番号を取得します。

    「 * cat /boot/grub/menu.lst * 」のようになります

    次の例では、 360a9800032466879362b45777447462d-part2 および 360a9800032466879362b45777447462d-part1 が SCSI デバイス番号です。

    # cat /boot/grub/menu.lst
    ...
    kernel /boot/vmlinuz-3.0.13-0.27-default root=/dev/disk/by-id/scsi-
    360a9800032466879362b45777447462d-part2 resume=/dev/disk/by-id/scsi-
    360a9800032466879362b45777447462d-part1
  2. SCSI デバイスのシリアル番号と SCSI デバイス / パーティション間のマッピングを確認します。

    '#ls -l /dev/disk/by-id'

    関係マッピングは次のように表示されます。「 S CSI devices / partitions 」は、「 S CSI device / partition serial numbers 」の後に表示されます。この例では、「 . . . . . /sda 」、「 . . . . /sda1 」、「 . . . . /. /sda2 」は SCSI デバイス / パーティションです。

    lrwxrwxrwx 1 root root 9 Oct 27 06:54 scsi-360a9800032466879362b45777447462d -> ../../sda
       lrwxrwxrwx 1 root root 10 Oct 27 05:09 scsi-360a9800032466879362b45777447462d-part1 -> ../../sda1
       lrwxrwxrwx 1 root root 10 Oct 27 02:21 scsi-360a9800032466879362b45777447462d-part2 -> ../../sda2
  3. SCSI デバイスパスと UUID 間のマッピングを確認します。

    「 *ls -l /dev/disk/by-uuid * 」

    関係マッピングは次のように表示されます。この例では、「 33d43a8b-fcfe-4ac4-9355-36b479cfa524 」は SCSI デバイス / パーティション sda2 の UUID 、「 603e01f8-7873-440a-9182-878abff17143` は SCSI デバイス / パーティション /cda-08b017d309b-08f0173f0d30d30d30d30b~308b9d308d308b9d308b724 」の UUID の UUID の UUID の UUID の UUID です。

     lrwxrwxrwx 1 root root 10 Oct 27 02:21 33d43a8b-cfae-4ac4-9355-36b479cfa524 -> ../../sda2
       lrwxrwxrwx 1 root root 9 Oct 27 06:54 603e01f8-7873-440a-9182-878abff17143 -> ../../sdb
       lrwxrwxrwx 1 root root 10 Oct 27 05:09 c50b757b-0817-4c19-8291-0d14938f7f0f -> ../../sda1
  4. SCSI デバイスパスおよび SCSI シリアル番号と一致する UUID を使用して、 grub ブート「 m enu.lst 」ファイル内のデバイス参照を更新します。

    #blkid
    /dev/sda1: UUID="c50b757b-0817-4c19-8291-0d14938f7f0f" TYPE="swap"
    /dev/sda2: UUID="33d43a8b-cfae-4ac4-9355-36b479cfa524" TYPE="ext3"
    /dev/sdb: UUID="603e01f8-7873-440a-9182-878abff17143" SEC_TYPE="ext2" TYPE="ext3"
  5. 取得した UUID を使用して、 grub ブートの「 enu.lst 」ファイル内のデバイス参照を更新します。

    次の例は、更新後の「 menu.lst 」ファイルを示しています。

    # Modified by YaST2. Last modification on Fri Oct 17 02:08:40 EDT 2014
    default 0
    timeout 8
    ##YaST - generic_mbr
    gfxmenu (hd0,1)/boot/message
    ##YaST - activate
    ###Don't change this comment - YaST2 identifier: Original name: linux###
    title SUSE Linux Enterprise Server 11 SP2 - 3.0.13-0.27
    root (hd0,1)
    kernel /boot/vmlinuz-3.0.13-0.27-default root=/dev/disk/by-uuid/e5127cdf-8b30-
    418e-b0b2-35727161ef41 resume=/dev/disk/by-uuid/d9133964-d2d1-4e29-b064-7316c5ca5566
    splash=silent crashkernel=128M-:64M showopts vga=0x314
    initrd /boot/initrd-3.0.13-0.27-default
  6. /etc/fstab ファイルを更新します

    1. 取得した UUID を使用して '/etc/fstab ファイル内のデバイス・リファレンスを更新します

      次の例は 'SCSI シリアル番号を持つ /etc/fstab ファイルを示しています

      /dev/disk/by-id/scsi-360a9800032466879362b45777447462d-part1 swap swap
      defaults 0 0
      /dev/disk/by-id/scsi-360a9800032466879362b45777447462d-part2 / ext3
      acl,user_xattr 1 1
      proc /proc proc defaults 0 0
      sysfs /sys sysfs noauto 0 0
      debugfs /sys/kernel/debug debugfs noauto 0 0
      devpts /dev/pts devpts mode=0620,gid=5 0 0
    2. SCSI シリアル番号への参照を UUID に置き換えます。

      次の例は 'SCSI シリアル番号を UUID に置き換えるために更新された /etc/fstab ファイルを示しています

    cat /etc/fstab
    UUID="c50b757b-0817-4c19-8291-0d14938f7f0f swap swap defaults
    0 0
    UUID="33d43a8b-cfae-4ac4-9355-36b479cfa524 / ext3 acl,user_xattr
    1 1
    proc /proc proc defaults 0 0
    sysfs /sys sysfs noauto 0 0
    debugfs /sys/kernel/debug debugfs noauto 0 0
    devpts /dev/pts devpts mode=0620,gid=5 0 0