日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

DMMP エイリアス名を使用するマウントポイントを含む RHEL LUN を準備しています CLI を使用した移行の場合

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

DMMP デバイス名を使用するマウントポイントを移行する前に、 DMMP デバイス名をそれぞれのファイルシステム UUID 番号に置き換える必要があります。

この手順環境コピーベースの移行とコピーフリーの移行の 2 つです。

手順
  1. 移行する LUN の SCSI デバイス ID を特定して記録します。

    「 * sanlun lun show * 」と表示されます

    SCSI デバイス ID は、出力の filename 列に表示されます。

  2. 移行する LUN の DMMP デバイス名を特定して記録します。

    'multipath -ll SCSI_DEVICE_ID' と入力します

    次の例では、 DMMP デバイス名「 360a9800037534562572b453855496b41 」が DMMP デバイス名です。

    [root@IBMx3550M3-229-169 ~]# multipath -ll /dev/sdc
    dmmp_fs_lun (360a9800037534562572b453855496b41) dm-3 NETAPP, LUN
    [size=1.0G] [features=3 queue_if_no_path pg_init_retries 50] [hwhandler=0][rw]
    \_ round-robin 0 [prio=2][active]
    	\_ 9:0:0:1 sdc 8:32  [active][ready]
    	\_ 9:0:0:1 sdg 8:96  [active][ready]
  3. DMMP デバイスに設定されているファイルシステムを特定します。

    bkid|grep -i _ DMMP _ デバイス _ 名前 _

    出力の type 値はファイルシステムを識別します。

    次の例では ' ファイル・システムは ext3 です

    [root@ibmx3550-229-108 ~]#blkid | grep -i 3600a09804d532d79565d47617679658
    /dev/mapper/3600a09804d532d79565d47617679658:
    UUID="450b999a-4f51-4828-8139-29b20d2f8708" TYPE="ext3" SEC_TYPE="ext2"
  4. LUN の UUID 番号を特定します。

    dumppe2fs_device_path_name_|grep UUID

  5. DMMP デバイスがマウントされているディレクトリを特定します。

    「 * df -h * 」と入力します

    次の例では、「 /mnt/DMMP _ext3 」は DMMP デバイスがマウントされているディレクトリです。

    [root@IBMx3550M3-229-169 ~]# df -h
    Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
    /dev/mapper/dmmp_fs_lun
    1008M 34M 924M 4% /mnt/dmnp_ext3
  6. 「 /etc/fstab 」ファイルで、 DMMP デバイスのマウントポイントが定義されていることを確認します。

    cat /etc/fstab`

    DMMP デバイス名とマウントディレクトリが出力に表示されます。

  7. /etc/fstab ファイルのバックアップを作成します

    cp /etc/fstab /etc/fstab_pre_transition_bup_

  8. 「 /etc/fstab 」ファイルを編集して、 DMMP デバイス名をそれぞれのファイルシステム UUID 番号に置き換えます。