日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

DMMP デバイス名を使用するマウントポイントを含む RHEL LUN を準備しています Inventory Assessment Workbook を使用した移行

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

DMMP デバイス名を使用するマウントポイントを含む LUN を移行する前に、 DMMP デバイス名をそれぞれのファイルシステム UUID 番号に置き換える必要があります。これは、環境 Red Hat Enterprise Linux ( RHEL ) 5 および RHEL 6 です。

この手順環境コピーベースの移行とコピーフリーの移行の 2 つです。

手順
  1. _ Inventory Assessment Workbook から移行前の情報を収集します。

    具体的には、次の情報が必要です。

    • DMMP デバイスに設定されているファイルシステムです

    • DMMP デバイスがマウントされているディレクトリです

    • DMMP デバイスのファイルシステム UUID

手順
  1. DMMP デバイスのマウントポイントが「 /etc/fstab 」ファイルに定義されていることを確認します。

  2. ファイルのバックアップを作成します。

    cp /etc/fstab /etc/fstab_pre_transition

  3. 「 /etc/fstab 」ファイルを編集して、 DMMP デバイス名をそれぞれのファイルシステム UUID 番号に置き換えます。

    次の例では、 DMMP デバイス /dev/mapper/360a9800037534562572b453855496b41 が UUID a073547e-00b6-4bf9-8e08-5eef08499a9c に置き換えられています。

    [root@IBMx3550M3-229-169 ~]# cat /etc/fstab
    /dev/VolGroup00/LogVol00 /  ext3  defaults   1 1
    LABEL=/boot /boot  ext3     defaults         1 2
    tmpfs  /dev/shm    tmpfs    defaults         0 0
    devpts /dev/pts    devpts   gid=5, mode=620  0 0
    sysfs  /sys	       sysfs           defaults  0 0
    proc   /proc       proc           defaults   0 0
    /dev/VolGroup00/LogVol01 swap	swap  defaults 0 0
    /dev/mapper/test_vg-test_lv /mnt/lvm_ext3 ext3 defaults,_netdev 0 0
    UUID=a073547e-00b6-4bf9-8e08-5eef08499a9c /mnt/dmmp_ext3 ext3 defaults,_netdev 0 0
    • 関連情報 *