日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ファイルシステムを搭載した HP-UX ホスト LUN の移行準備

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

ファイルシステムを搭載した HP-UX ホスト LUN を Data ONTAP 7-Mode から clustered Data ONTAP に移行する前に、移行プロセスに必要な情報を収集する必要があります。

手順
  1. LUN を表示して、移行する LUN の名前を特定します。

    「 * lun show * 」と入力します

  2. 移行する LUN の SCSI デバイス名と、 SCSI デバイスのアジャイル名を確認します。

    「 * sanlun lun show -p * 」のように表示されます

    次の例では、移行する LUN は lun1 と lun3 です。lun1 の SCSI デバイス名は '/dev/dsk/c14t0dd1' /dev/dsk/c27t0dd1' /dev/dsk/c40t0d1' および /dev/dsk/c31t0d1' ですlun3 の SCSI デバイス名は '/dev/dsk/c14t0d2'/dev/dsk/c27t0d2'/dev/dsk/c40t0d2'/dev/dsk/c31t0d2' です

    SCSI デバイスのアジャイル名 /dev/dsk/c31t0d1 は '/dev/rdisk/disk11` です

            ONTAP Path: f8040-211-185:/vol/vol185_n1/lun3
                   LUN: 1
              LUN Size: 3g
           Host Device: /dev/rdisk/disk11
                  Mode: 7
    Multipath Provider: None
    host      vserver   /dev/dsk
    path      path      filename           host     vserver
    state     type      or hardware path   adapter  LIF
    -----     --------- ----------------   -------  -------
    up        secondary /dev/dsk/c14t0d1   fcd0     fc4
    up        primary   /dev/dsk/c27t0d1   fcd0     fc2
    up        primary   /dev/dsk/c40t0d1   fcd1     fc1
    up        secondary /dev/dsk/c31t0d1   fcd1     fc3
            ONTAP Path: f8040-211-183:/vol/vol183_n1/lun1
                   LUN: 3
              LUN Size: 3g
           Host Device: /dev/rdisk/disk14
                  Mode: 7
    Multipath Provider: None
    host      vserver   /dev/dsk
    path      path	     filename           host     vserver
    state     type      or hardware path   adapter  LIF
    -----     --------- ----------------   -------  -------
    up        secondary /dev/dsk/c14t0d1   fcd0     fc4
    up        primary   /dev/dsk/c27t0d1   fcd0     fc2
    up        primary   /dev/dsk/c40t0d1   fcd1     fc1
    up        secondary /dev/dsk/c31t0d1   fcd1     fc3
  3. ホスト上の LUN の WWID を特定します。

    scsimgr get_info -D_Agile name_for_sSCSI_DEVICE

    次の例では、デバイス「 /dev/rdisk11 」の LUN WWID は 0x600a09804d537739422445386b755529 です。

    bash-2.05# scsimgr get_info -D /dev/rdisk/disk11 |grep WWID
    World  Wide Identifier (WWID)     = 0x600a09804d537739422445386b755529
  4. ボリュームグループを表示して記録します。

    'vgdisplay'

  5. ボリュームグループ、論理ボリューム、および物理ボリュームを表示して記録します。

    vgdisplay-v_v_vg_name_`

  6. ボリュームグループの VGID と論理ボリュームをマップファイルに書き込みます。

    *vgexport -p-s -m /tmp/mapfile/vg01 vg01 *`

  7. 「 mapfilevg01 」のバックアップコピーを外部ソースに作成します。

  8. マウントポイントを表示して記録します。

    「 *bdf *` 」

    次の例は、マウントポイントの表示方法を示しています。

    bash-2.05# bdf
    Filesystem     kbytes      used        avail   	used   Mounted on
    /dev/vg01/lvol 123592960   1050952   22189796   5%   /mnt/qa/vg01
    /dev/vg01/lvol2 23592960   588480    22645044   3%   /mnt/qa/vg02