日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ESXi CLI を使用した移行後の VMFS ボリュームの再マウント

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

移行後、 ESXi CLI を使用してボリュームを再マウントし、データストアと VM を移行前の状態に戻すことができます。

元の 7-Mode LUN がマッピングされていないか、オフラインの必要があります。

以下の手順は、ボリュームとスパンボリュームに該当します。

手順
  1. SSH を使用して ESXi コンソールにログインします。

  2. 新しく追加された LUN と既存の VMFS 署名および VMFS ラベルを表示します。

    「 * #esxcfg-volume -l * 」のようになります

    次の例は、 LUN と VMFS 署名および VMFS ラベルを示しています。

    # esxcfg-volume -l
    VMFS UUID/label: 53578567-5b5c363e-21bb-001ec9d631cb/datastore1
    Can mount: Yes
    Can resignature: Yes
    Extent name: naa.600a098054314c6c445d446f79716475:1 range: 0 - 409599
    (MB)
  3. 同じ署名を使用して VMFS ボリュームを永続的に再マウントします。

    • 通常のボリュームの場合: +esxcfg-volume-m|--persistent-mount_vmfs UUID|label_

    • スパンボリュームの場合: +#esxcfg-volume -M VMFS-span-ds

      • 関連情報 *