日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

vSphere Client を使用した移行後の VMFS ボリュームの再マウント

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

移行後、 VMFS ボリュームを再マウントして、データストアと仮想マシン( VM )を移行前の状態に戻す必要があります。ESXi CLI を使い慣れていない場合や、 vSphere Client を使用する方が便利な環境では、 vSphere Client を使用してボリュームを再マウントできます。

以下の手順は、ボリュームとスパンボリュームに該当します。

手順
  1. ESXi ホストまたは ESXi ホストを管理する vCenter Server にログインします。

  2. [* Hosts and Clusters* (ホストとクラスタ) ] で、 ESXi ホストを選択します。

  3. 「 * Configuration * > * Hardware * > * Storage * 」に移動します。

  4. 右上隅の * Add storage * (ストレージの追加)をクリックします。

  5. 「 * Disk/LUN 」を選択します。

  6. 「 * 次へ * 」をクリックします。

  7. LUN のリストで、データストアの名前を表示する * vmfs_label * 列を探します。

  8. LUN を選択して、再マウント処理を実行します。

    スパン VMFS ボリュームを再マウントする場合は ' スパン内の最初の LUN が "head" とマークされます再マウント操作を完了するには 'head LUN を選択する必要があります

  9. 「 * 次へ * 」をクリックします。

  10. Select VMFS Mount Options ( VMFS マウントオプションの選択)ウィンドウで、 * Keep the existing signature * (既存の署名を保持する)を選択します

  11. ウィザードの手順を実行します。

  12. VMFS_label 列にデータストア名が表示されているすべての LUN について、上記の手順を繰り返します。

    データストアが再マウントされて、 VM がアクティブになります。