日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

移行では、機能とボリュームはサポートされていません

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

一部の機能は clustered Data ONTAP で使用できないため、トラディショナルボリュームなどの一部の 7-Mode ボリューム、および同期 SnapMirror 関係などの一部の 7-Mode 機能は移行できません。

7-Mode ボリュームは SVM にのみ移行できます。

移行できない 7-Mode ボリュームまたは構成は次のとおりです。

  • 制限またはオフライン状態のボリューム

  • トラディショナルボリューム

  • NFS から CIFS への文字マッピング( charmap )が設定されているボリューム

  • ストレージレベルのアクセス保護構成を使用するボリューム

  • ストレージレベルのアクセス保護構成を使用する qtree を含むボリューム

    ターゲットクラスタが Data ONTAP 8.3.1 以降を実行している場合は、この構成を使用する qtree を含むボリュームを移行できます。

  • no_i2p オプションが有効になっているボリューム

  • FlexCache ボリューム

  • 32 ビット Snapshot コピーを含む 32 ビットボリュームおよび 64 ビットボリューム デスティネーションクラスタで Data ONTAP 8.3 またはが実行されている場合 後で

  • FlexClone ボリューム

    FlexClone ボリュームは FlexVol ボリュームとして移行できますが、クローン階層とストレージ効率化は失われます。

  • vFiler ユニットのルートボリューム。ルートボリュームは、デフォルトの vFiler ユニットに属する qtree に基づいています

  • 同期 SnapMirror 構成

  • qtree SnapMirror 関係

  • IPv6 設定

  • SnapVault 関係

  • SnapMirror のネットワーク圧縮機能

  • 特定の Snapshot コピーへのデスティネーションボリュームのリストア ( snapmirror break -s コマンド)

  • ボリューム移動処理