日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

vFiler ユニット間でディザスタリカバリ関係を移行する

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

7-Mode システムのプライマリ vFiler ユニットとセカンダリ vFiler ユニット間のディザスタリカバリ( DR )関係を、クラスタ内のソース SVM とデスティネーション SVM 間のディザスタリカバリ関係に移行できます。

移行プロセスでは、プライマリ vFiler ユニットがソース SVM に、セカンダリ vFiler ユニットがデスティネーション SVM に移行されます。

手順
  1. プライマリ vFiler ユニットをソース SVM に、セカンダリ vFiler ユニットをデスティネーション SVM に移行します。

  2. vserver stop コマンドを使用して、デスティネーション SVM を停止します。

    デスティネーション SVM で、ボリュームの名前を変更したり新しいボリュームを追加したりしないでください。

  3. 移行した各プライマリボリュームに対して、「 snapmirror create 」コマンドを使用して、対応するセカンダリボリュームとのボリュームレベルの SnapMirror 関係を作成します。

    destination_cluster::> snapmirror create -source-path src_vserver:c_vol -destination-path dst_vserver:c_vol -type DP
  4. 「 snapmirror resync 」コマンドを使用して、移行したプライマリボリュームとセカンダリボリューム間のボリュームレベルの SnapMirror 関係を再同期します。

    再同期が成功するためには、プライマリボリュームとセカンダリボリュームに共通の Snapshot コピーが存在する必要があります。

    destination_cluster::> snapmirror resync -destination-path
    dst_vserver:c_vol
  5. 「 snapmirror show 」コマンドを使用して、再同期処理が完了し、 SnapMirror 関係が「 SnapMirro 済み」状態であることを確認します。

  6. 「 -identity-preserve 」オプションを「 true 」に設定した「 snapmirror create 」コマンドを使用して、ソース SVM とデスティネーション SVM 間の SVM ディザスタリカバリ関係を作成します。

    destination_cluster::> snapmirror create -source-path src_vserver: -destination-path dst_vserver: -type DP -throttle unlimited -policy DPDefault -schedule hourly -identity-preserve true
  7. 「 snapmirror resync 」コマンドを使用して、ソース SVM からデスティネーション SVM を再同期します。

    destination_cluster::> snapmirror resync dst_vserver:
  8. 「 snapmirror show 」コマンドを使用して、再同期処理が完了し、 SnapMirror 関係が「 SnapMirro 済み」状態であることを確認します。

    destination_cluster::> snapmirror show
                                                                                        Progress
    Source               Destination     Mirror       Relationship  Total               Last
    Path           Type  Path            State        Status        Progress   Healthy  Updated
    --------       ---- ------------     -------      -------------- --------- ------- --------
    src_vserver     DP    dst_vserver    Snapmirrored  Idle           -         true    -