日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

イニシエータグループの構成

正しい運用には、 LUN マスキングを適切に設定することが重要です。ONTAP ストレージのすべてのイニシエータポート(両方のノード上のもの)が同じ igroup に属している必要があります。

FLI 移行の実行時は、ソースストレージ LUN にネットアップストレージからアクセスする必要があります。ゾーニングとは別にアクセスを有効にするには、デスティネーションストレージのイニシエータポートの World Wide Port Name ( WWPN )を使用してソースストレージにイニシエータグループを作成する必要があります。

注記 このセクションの例では、 Hitachi Data Systems ( HDS ) AMS アレイを使用します。外部アレイのコマンドは移行元の他社製アレイによって異なります。

ネットアップアレイのイニシエータグループでは、常に Asymmetric Logical Unit Access ( ALUA ;非対称論理ユニットアクセス)を有効にしてください。

イニシエータグループは、ベンダーや製品によって名前が異なります。例:

  • HITACHI はホスト・グループを使用しています

  • NetApp E シリーズでは「 host entry 」が使用されます。

  • EMC では ' イニシエータ・レコード ' またはストレージ・グループを使用しています

  • NetApp では「 igroup 」を使用しています。

これらの呼び方に関係なく、イニシエータグループの目的は、同じ LUN マッピングを共有するイニシエータを WWPN で識別することです。

イニシエータグループを定義するには、 LUN マスキング( igroup 、ホストグループ、ストレージグループなど)の設定方法を、ご使用のアレイのドキュメントで確認してください。また、サードパーティ製ストレージ構成の要件については、『 FlexArray 仮想化実装ガイド』を参照してください。

  • 関連情報 *