日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

調査フェーズのワークフロー

移行プロセスの調査フェーズでは、ホストの修正や移行計画の作成などの以降の手順で使用する情報を収集します。ほとんどの情報は、 OneCollect などのデータ収集ツールを使用して自動的に収集されます。

次の図に、調査フェーズのワークフローを示します。

調査フェーズ 1.

調査フェーズのタスクを次の表に示します。

コンポーネント タスク

ホスト

  1. HBA WWPN を特定します(ゾーンの作成に使用します)。

  2. LUN の情報(サイズ、シリアル番号、パーティションのレイアウト、およびオフセット)を特定します。

  3. サードパーティ製 MPIO の構成、ホストオペレーティングシステム、 HBA / CNA のモデルとファームウェアなどを特定します。

ファブリック

ホストからソースストレージへのゾーンを特定します。(これらは移行後に削除されます)。

デスティネーションストレージ

イニシエータ / ターゲットを利用するために使用されるポートの WWPN の特定します。

ソースストレージ

  1. WWPN を特定します(ゾーンの作成に使用します)。

  2. ホストにマッピングされている LUN を特定します。

  3. ホストのイニシエータレコードを特定します。