日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

計画フェーズのワークフロー

データ移行プロセスの計画フェーズでは、詳細な移行計画を作成して実際の移行に向けた準備がすべて整っていることを確認するために必要なタスクを行います。移行作業の大半を占めるのが、このフェーズで実施する計画です。

計画フェーズでは、分析フェーズで収集したホストのギャップ分析情報を使用して更新計画を策定します。ホスト修正情報を盛り込んだ計画を作成します。エンドツーエンドの接続を検証したあと、テスト移行を実行して、本番環境で移行を開始する前にすべてが適切に設定されていることを確認します。

次の図に、計画のワークフローを示します。

計画と準備フェーズ 1.

計画フェーズのタスクを次の表に示します。

コンポーネント タスク

ファブリック

  1. 既存のゾーンセットをバックアップします。

  2. ソースストレージをデスティネーションストレージにゾーニングします。

デスティネーションストレージ

  1. イニシエータポートをファブリックに接続します。

  2. ソースストレージを検出し、 LUN をテストします。ソース LUN を外部としてマークします。

  3. 外部 LUN を使用してテスト用 LUN を作成します。

  4. テスト用 igroup を作成し、テスト用 LUN をマッピングします。

  5. テスト用 LUN をオフラインにします。

  6. インポート関係を作成し、テスト移行を開始します。

  7. インポート関係を削除し、テスト LUN のマッピングを解除します。

  8. テスト用 LUN を削除します。

ソースストレージ

  1. イニシエータポートの WWPN を使用してデスティネーションストレージのホストグループを作成します。

  2. テスト LUN を作成します( 1GB )。

  3. テスト用 LUN をデスティネーションストレージのホストグループに割り当てます(マッピング / マスク)。

  4. テスト用 LUN を削除します。